女性が濡れるためにはリラックスが必要だ。助産師・池本千有氏に聞く、愛液の謎

女性にとって濡れるということはなにかーー。その理由を深く知っている男性はあまりいません。

女性はどのようなときに濡れ、その意味はなんなのか。そして、セックスレスの原因にもなり得る「濡れなくなる」ということは男性のEDと同じような意味なのか。

今回は「濡れる」ということにフォーカスし、謎を紐解いていきたいと思います。お聞きしたのは 助産師兼アマナ性共育協会代表理事の池本千有さんです。


池本千有/日本アマナ性共育協会代表理事/助産師
1997年助産師となり、2003年助産院「のあのあ」開業。
2012年3児の母としての子育てエピソード、15年に及ぶセックスレス解消体験を踏まえ、性教育講演会を開始、今までにない具体的で分かりやすい内容が多くの女性に支持される。
2015年、大人の女性のための実践型性共育アマナレッスンを考案、述べ400名以上が受講する人気講座となる。
2017年4月、日本アマナ性共育協会を設立し、実践型性共育を含む真の性共育者の養成に力を注ぐとともに、女性性を開花する生き方そのものがビジネスになるライフスタイルをコンサルティングし、卒業生が全国にて性共育講座を展開している。講座情報は協会HPより。URL:http://jaei.jp/

副交感神経が優位であれば『濡れる』。その真相とは?

− まずお聞きしたいのは、女性にとって濡れるということは身体的にどのような意味を持つものなのでしょうか?やはり「エッチなことを考えると濡れる」のでしょうか?

池本さん:「そうですね。もちろんエッチな事を考えると濡れますし、実は普段から常に分泌されているものです。月経周期により、その性状や量は変化していて、排卵期周辺には粘り気の強いものが最も多く分泌されます」

− 常に分泌されているものなのですね…!それさえ知りませんでした。

池本さん:「そもそも濡れる元になっている、腟分泌液(愛液)とはいったい何なのかの理解が必要ですね。愛液は普段から女性器を保護する役割を担っていたり、セックスの時の潤滑剤として、男性器をスムーズに受け入れ、摩擦から女性器を守り、密着度を高めオーガズムを感じやすくする働きをしてくれているものです」

− なるほど。

池本さん:「そして、愛液が分泌される場所は4箇所あります。スキーン腺から出る透明で粘り気の強いもの、バルトリン腺から出るややサラッとしたもの、膣壁全体から汗のように染み出すもの、子宮頸管粘膜液があります。愛液は血液の血漿成分で作られており、それらは女性器内部を取り囲んでいる毛細血管を介して分泌されます」

− 出ている場所は一箇所じゃなかったんですか…!

池本さん:「つまり、血流がよければ分泌されやすくなるし、血流が悪い状態になってしまえば分泌が少なくなってしまうのです。血流を支配しているのは自律神経で、自律神経は交感神経(活動・戦闘モード)と副交感神経(休息・リラックスモード)のスイッチを常にどちらかに入れ替えています。交感神経が優位な時は血管が収縮しており、副交感神経が優位になれば拡張します」

− 血流という観点では男性器も同じですね。更に共通しているのは以前のインタビューで聞いた「男性も副交感神経が優位じゃないと射精しにくくなる」ということです。

池本さん:「なので、愛液が豊富に分泌している場合は、副交感神経のスイッチが十分にオンになり血流が良い状態なのですね
セックスの時に濡れるというのは、一見、エッチな状況に興奮しているからのように感じるかもしれませんが、実は副交感神経優位によって安心やリラックスできている状況かどうかが重要で、それはやはり、セックスの相手とそのような信頼関係を作れているかどうかが大きなカギを握っていると言えます」

− セックス相手との信頼関係が鍵を握っているのか…!!

濡れなくなってしまう原因は『濡れるために必要な手続きが行われていないだけ』

− その上で、女性が濡れなくなってしまう原因はなんなのでしょうか?

池本さん:「濡れなくなる原因というより、濡れるために必要な手続きが行われていないだけと言えます。これから伝えることをきちんと押さえれば、必ず女性器は反応しますので、ポイントを『身体的な側面』と『精神的な側面』の2つの視点からお話ししましょう」

− お願いします!!

池本さん:「まずは身体的な側面から。前述の通り、愛液を分泌させるためには、副交換神経のスイッチを入れ、血流を良くすることが必要でしたよね。副交感神経のスイッチがどこにあるのかというと、皮膚表面にたくさん存在する『C触覚繊維』という部分で、手のひら以外の全身にあり、特に腕や頬に多く存在しています

− 腕や頬ですか。

池本さん:「皮膚表面を秒速5センチ前後のゆっくりとしたスピードで優しく柔らかく触れていくと、大脳が刺激され副交感神経のスイッチが入ります。このスイッチが入るまでには最低でも20分以上の時間が必要になります」

− 20分ですか!結構かかるんですね。

池本さん:「それから血流がよくなり、愛液の分泌が起こります。そして、脳内でドーパミンやアドレナリンが放出され官能スイッチが入り、やっと女性は心身共に気持ちいいと感じることができる状態になるのです。愛液が出ている=感じている状態という訳ではない点にも注意してくださいね」

− はい!

池本さん:「つまり前戯というのは、全身の皮膚に触れ、この副交感神経のスイッチをオンにして、血流を整え、女性の官能状態を引き出す下地を整える行為なのです。皆さん、前戯に最低20分以上、十分な時間をかけて全身を触れていらっしゃいますでしょうか?」

− おそらく触れている男性は少ないと思います…!!

池本さん:「キスして、おっぱいもんで、ちょちょっと手マンして。何で濡れないのだろうって、そりゃ当たり前です。血流を整えるような丁寧な前戯を行えば、必ず女性器は反応してくれます。髪の毛をなでたり、背中や腰や下腹部は特に女性が刺激されて反応の大きい場所ですし、頬や腕はスイッチが集中している部分ですので効率よく刺激できます」

− そういうことだったのか…。

池本さん:「また、足首や足の甲や足指も触れていますか?濡らそうと女性器ばかりを狙っていてはいけません。ヒリヒリしちゃってかえって逆効果。急がば回れ、ベロベロ舐め回すのではなく、羽でなでるような優しいタッチやキスで触れてみてください。このような前戯は男性側にとっても省エネで、面白いぐらいに女性の反応があり楽しいですし、愛液も溢れ出してきますから。女性器に触れるのは、その後にしてくださいね」

− 男性は濡れない、とショックを受けるのではなくまず自分の前戯の姿勢を見直す必要があるんですね。

日常的な優しさが、ベッドタイムの時間短縮につながっている

池本さん:「そして、精神的な面で女性にとって最も大事なのは、セックスの相手に安心感を持てるかどうかであり、心が温かくなるような『大切にされている感覚』を持てるかどうかです。セックスで肌と肌が触れ合い身体的な温かさを感じると、大脳の島皮質という部分が興奮します。この島皮質は副交感神経の調整と深く関わっている部位でもあり、また心の温かさに興奮する部分でもあるため、触れられることによりパートナーに対して温かい気持ちが高まるという反応が出ます」

− 大切にされている感覚。そのようなこと自体、なかなか知れる機会がないのも問題かもしれませんね。

池本さん:「男性のオーガズムは割と単純ですが、女性のオーガズムは複雑な構造をしているので、この没頭できる状態にしてあげられるかどうかがセックスの質に大きく関わるのですね。濡れて挿入できる状態になればいいだけではないですよね?セックスって、お互いへの愛情や信頼関係を深めるためにもあるのですから」

− 池本さんの意見を聞くと、かなり腑に落ちます。

池本さん:「私は、実践型性共育レッスンの中で、アマナタッチという前戯に使えるマッサージを教えています。女性からは、『こんな風に優しく触れられたかった』と、男性からは『今まで女性に対してこんな愛おしい気持ちになったことはありませんでした』などなど、沢山の感想を頂いています。つまり、触れ合って、相手を慈しむ瞬間が圧倒的に不足している世の中なんだなぁと感じます」

− これについては、やはり性教育自体を見直さなければいけないなと思いますね…!

池本さん:「AVの影響で激しい愛撫しか知らないことでセックスがうまくいかなくなっている人が沢山います。もっと優しいタッチングが当たり前になり、温かな気持ちを交換しあう行為としてのセックスがスタンダードになるといいなと思います。パートナーの愛情がなくなったと考えるよりも、温かい気持ちを増やし続ける努力が不足していた、と考え行動を変えるほうが建設的だと思いますね

− 温かい気持ちを増やし続ける努力が不足していたというのは日常生活にも言えることですね。

「そうなんです。そもそも。毎回、ベッドに入ってからそのように丁寧にしなければいけないのも大変ですよね。日常的に触れ合っていると、既にうるうるな状態を引き出していますので、ベッドインしてからの時間は短縮できるものです。テレビをみながら腕をさすったり、髪の毛をなでたり、そんな瞬間を日常にちりばめるといいですね」

− 日常的な優しさが、ひいてはベッドタイムにつながっているという。これは新しい発見です。

池本さん:「また、これは男性にも共通しますが、精神的なストレスは副交感神経のスイッチを入れにくくします。あなたのパートナーはストレスを抱えていませんか?特に女性は、家事や育児などでのストレスを抱え込みやすく、家庭という職場にいるのではその気になれないことも多いです。物理的に負担を減らせるように協力したり、二人で家庭以外の場所で過ごす時間を作ったりという工夫も必要でしょう」

− 女性にとっては家庭は職場。これを忘れてはいけないことですね。

池本さん:「総じて、愛液が潤っているかどうかって、どれだけ相手を思いやって温かい関係性をつくるための努力をしているかに比例するのかもしれませんね

とはいえ、産後や授乳期は濡れにくい状態になる

− 濡れないということは男性の姿勢が大事だと言うことがわかりました。とはいえ、その他に濡れない理由はあったりするのでしょうか?

池本さん:「そうですね。多くは上記で述べたような、濡れるための手続きが行われていない事が原因ではあります。しかし、女性にとって、産後や授乳期は濡れにくい状態になります。出産による会陰切開の傷が気になったり、痛かったり、授乳による睡眠不足と疲労が重なることによる精神的ストレス。また、母乳は血液なので体液不足な状態になり、物理的に濡れない状態でもあります」

− なるほど。

池本さん:「母乳を出す時に出るオキシトシンというホルモンは、セックスで絶頂に達したときに出るホルモンと同じであり、授乳婦は日に何度も絶頂に達しているのと同じホルモン状態になります。産後は心身ともにあまりセックス向きな状態ではないと言えますので、物理的な負担を減らしてあげることが大事になりますね」

− そうだったんですか。これは知らなかった…!!今回もためになる話、ありがとうございました!

濡れないと悩む前に、まずはお互いのコミニュケーションを

学校では決して習わない、そして大人になってもなんとなくしか知らない身体のこと。特に女性の身体のことは男性にとって知らないことだらけです。

だからこそ、池本さんにお話いただいたようなことを知っておくことでパートナーとの生活をより良くできるのではないでしょうか。

今回の記事が、お互いのコミニュケーションを見直す機会になるととても嬉しいです。

以上、浜松一郎でした。