体の相性は“ベッドに入る前”で決まる。池本千有さんに聞く、セックスの質を上げる方法・後編

前編では、サイズ問題の解決法と体の相性の最重要事項の「コミュニケーション」についてお聞きしました。
後編の今回はそこから更に一歩進み、より深く体の相性について迫っていきたいと思います。

前編に引き続き、日本アマナ性共育協会代表理事/助産師の池本千有さんにお聞きしていきます!


池本千有/日本アマナ性共育協会代表理事/助産師
1997年助産師となり、2003年助産院「のあのあ」開業。
2012年3児の母としての子育てエピソード、15年に及ぶセックスレス解消体験を踏まえ、性教育講演会を開始、今までにない具体的で分かりやすい内容が多くの女性に支持される。
2015年、大人の女性のための実践型性共育アマナレッスンを考案、述べ400名以上が受講する人気講座となる。
2017年4月、日本アマナ性共育協会を設立し、実践型性共育を含む真の性共育者の養成に力を注ぐとともに、女性性を開花する生き方そのものがビジネスになるライフスタイルをコンサルティングし、卒業生が全国にて性共育講座を展開している。講座情報は協会HPより。URL:http://jaei.jp/

体の相性を決める重要なファクターは「前戯」である

− これはすごくお聞きしたいのですが、体の相性を計る行為として、女性が一番に大事にしているものってなんなのでしょうか?

池本さん:「キスをして唾液が美味しいと感じるかどうか、というのは個人的に大事にしているセンサーなんですが…笑。とはいえ、相性がいいと感じるセックスの質を決めるのは、何といっても前戯です

− 前戯…ですか!!

池本さん:「前戯とは触れ合いによる皮膚刺激で愛情ホルモンの『オキシトシン』を分泌させ、安心感や信頼を基に副交換神経のスイッチを入れ血流を良くします。そして、男性器の勃起を促し、女性器の受け入れ準備を整え、脳のアドレナリンやドーパミンの分泌を促すことにより、官能を感じられる状態にする行為です」

− 前戯とは深いものなんですね…!

池本さん:「仮に官能のスイッチが入っていなくても、男女ともに肉体的な交わりは成立しますが、それだけでは単なる動物的な行為なんです。つまり、心と体と脳を整えてこそ、満足度の高いセックスとなるのです。この前戯の段階で、女性を『オーガズムの95%』ほどの興奮状態に導けるかどうかが鍵になってきます」

− 興奮状態に導くとは具体的にはどのようなことなのでしょうか?

池本さん:「前戯により、全身の血流が整い官能状態になれるまでにかかる時間は、早くて20分と言われています。髪の毛から足の先まで、全身を秒速3-5センチのゆっくりした速度とソフトなタッチで触れていくと、副交感神経のスイッチが入り血流がよくなり、皮膚刺激によりオキシトシンが分泌され信頼感と幸福感が増しますんです」

− 早くて20分…?これよりも短く前戯をしている男性が圧倒的に多そうですが…。

池本さん:「胸や女性器に集中しがちな前戯ですが、首筋や背中、脇腹、足の甲やかかとが感じる女性はかなり多いので触れないのはもったいないです。特に、腕や頬にはオキシトシン分泌につながる受容体が多いので、念入りに触れていくとお互い優しい気持ちが湧き上がり、心理的な満足が格段に上がります」

− まさに全身をくまなく愛することが大事になってくると。

池本さん:「前戯で丁寧なタッチングの時間を取り入れれば、『大切にされた』という感覚がセックスが終わった後で印象に残ります。十分な前戯により官能スイッチが入った状態で挿入を迎えられれば、挿入後が多少うまくいかなくてもカバーできるほどの力があるのです」

恋愛において「相手といる時の自分が好きか否か」が合う合わないを決定付ける

− では、女性が「この人と合うかも!」と思われるために、男性が意識するべき点などはあるんでしょうか?

池本さん:「恋愛において、『この人と合う』と思う瞬間を決定づけているのは、実は相手のことを好きだからではないんです」

− なんですってー!

池本さん:「その人といる時の自分が好きだと感じられる、その人といる瞬間に理想の自分を垣間見れるからこそ、心地よくいられて、この人と合うなぁと感じるというメカニズムなのです。ちょっと物悲しい感覚にもなりますが、恋愛とは『相手を通して自分を見ている、気に入っているということ』なのです」

− なんとなく、その感覚わかります。女性だけでなく、男性もそうかもしれません。

池本さん:「この原理がわかれば、相手を落とす法則は一目瞭然。『その人が気に入っている自分』でいられるようにしてあげれば、この人と合うと思わせることができるという事です。セックスに置き換えたら、その人が気に入っているセックスを実現してあげられる男になればよいという事ですね」

− なるほど。

池本さん:「セックスに求めるものには、『頭と心と体』という要素があります。『ドキドキしたい。背徳感があるほうが燃える。シチュエーションに興奮する』のは脳内満足。『心地よいな幸せだなと感じる。心が満たされるような安心感』を重要視するのが心理的満足。そして、『スポーツ感覚で快感を楽しむような、スッキリした気持ちよさ』を求めるのが肉体的満足です」

− 頭と心と体、3つとも求めるものはちょっと違うんですね。

池本さん:「どの要素を重要視しているかは、個人差がありますので、それを確かめるのはセックス以前のコミュニケーションで確認していくしかありませんね。つまり、セックスの相性を決めるのは、ベッドに入る前で決まってくるとも言えます」

− ベッドに入る前、ですか。

池本さん:「そうです。セックスに持ち込む前に、セックスに関する会話をして、相手のニーズや性癖を下調べしておけば、『こんなはずじゃなかった、相性最悪』という結果は少なくとも回避できるはずです。一般的に男性は圧倒的に『体の満足』を重要視しがちで、女性は圧倒的に『心の満足』を求めるのです。だからこそ、ついつい男性は肉体的な満足に走ってしまいがちなので気をつけてくださいね」

− 的確すぎますね…。気をつけよう。

池本さん:「とはいえ、この女性が求めている心の満足というのは一番難しいのですが、ポイントが3つあります。ひとつめのポイントとしては、『女性があるがまま、さらけだせるように配慮すること』です。女性は恥ずかしい、受け入れられるか不安なので、『かわいいよ、きれいだよ、大好きだよ、大丈夫だよ』という肯定的な声かけを沢山してあげましょう」

− メモメモ…。

池本さん:「そしてふたつめは『女性の希望をうまく引き出してあげること』です。『痛くない?大丈夫?』など相手のペースに合わせ、『ここはどう?これは好き?強さはどう?』など決め打ちせずに丁寧に確認しましょう」

− はい!!

池本さん:「そしてみっつめが先程言った『十分な前戯で、心と体の緊張をほぐしてあげること』ですね。お相手の女性が、心の満足を得られるような瞬間を多く取り入れていけば、この人いいなと思われる確率はあがります」

体の相性が合わない=コミュニケーション不足。だからこそコミュニケーションを取るべきだ

− めっちゃ勉強になりました…!最後に、体の相性を気にしている男性にメッセージをください!

池本さん:「そうですね。あなたはセックスが合わないと思いながら、その問題を解消するためのコミュニケーションを怠っていませんか?今までお話したように、体の相性は勝手にあうものではありません。逆を言えば、いくらでもコミュニケーションを重ねれば作っていけるものなのです」

− 合わないと思ったら諦めてしまいがちなので、コミュニケーション不足はあると思います。

池本さん:「まずはお互いがセックスに何を求めているかを具体的に知る事が大事なのですが、そもそも自分がどのようなセックスがしたいのかを具体的にしていなければ、合わせることもできません。自分の体を良く知ること、特に女性自信が自分の体の取扱説明書を明確にしている必要があります」

− 女性自信が自分の体の取扱説明書を明確にするということはどういうことですか?

池本さん:「例えば、オナニーで自分がどう触れられれば心地よいと感じるのかを研究し、それを男性にわかりやすく伝えてあげることなどですね。心地よくない時には、言葉で指摘すると男性を傷つけてしまうことがありますので、演技せずに無反応で通すこと。男性はよかれと思ってやってくれているから申し訳ないと思うのは分かりますが、そこで演技をすることは、間違いを強化し、無駄な努力を積み重ねさせ、互いに不幸な結果に結びつくだけです」

− 確かに、言われると臆病になってしまうのが男の性ではあります…!

池本さん:「緩急をつけて、『気持ちいい』、『それいい』、『嬉しい』など、良い部分での表現力を上げて行くことで、求めるものを手に入れていくとよいですね。逆に男性は、女性にどう触れて欲しいのかを、丁寧に引き出していくこと。AVやテクニック本にある一般化された情報で『決め打ち』して、目の前の女性の本当の思いを置き去りにしていないか常に確認しながら、同じ相手だとしても毎回新たな宝探しだと思ってセックスに挑んでくださいね

− セックスは毎回新たな宝探し……。こりゃ心のノートに書き込んでおこう。

池本さん:「世の中はまだまだ、性に関する話題はタブー視されていますが。日常的にセックスに関する話題を共有できる時間を意識して持つようにして、セックスを共に研究し合う関係性作りをしていけば、相性が合い続け、最高のパートナーになっていきますよ」

− 今回もめちゃためになりました。ありがとうございました!