妊娠中のセックスを楽しめるかが夫婦円満の鍵!?アマナ性共育代表/助産師・池本千有氏が語る・後編

男なら、誰もが悩む妊娠中のセックス。前編では、「妊娠中のセックスはしたほうがいい!」という衝撃の事実や注意点をお伝えしました。

後編では、「妊娠中のセックスの楽しみ方」を、アマナ性共育協会代表・助産師である池本千有氏にお話をお聞きします!


池本千有/日本アマナ性共育協会代表理事/助産師
1997年助産師となり、2003年助産院「のあのあ」開業。
2012年3児の母としての子育てエピソード、15年に及ぶセックスレス解消体験を踏まえ、性教育講演会を開始、今までにない具体的で分かりやすい内容が多くの女性に支持される。
2015年、大人の女性のための実践型性共育アマナレッスンを考案、述べ400名以上が受講する人気講座となる。
2017年4月、日本アマナ性共育協会を設立し、実践型性共育を含む真の性共育者の養成に力を注ぐとともに、女性性を開花する生き方そのものがビジネスになるライフスタイルをコンサルティングし、卒業生が全国にて性共育講座を展開している。講座情報は協会HPより。URL:http://jaei.jp/

妊娠すると女性器が変化する!?

− 早速ですが、妊娠中だからこそのセックスの楽しみ方ってあるんですか?

池本さん:「妊娠すると女性の体液量は40~45%ほど多くなります。つまり、愛液の量が増えて膣粘膜も温かくふかふかになり、子宮による圧迫も加わり、女性器は日に日にとても肉厚でジューシーになってきます。この変化を味わえるのは妊娠中限定ですので、経過が進むに連れての女性器の感触の違いにフォーカスして楽しんでみてください。ねっとりと絡みつくような感触は、お互いにとても気持ちの良いものです」

− なんと…!身体が出産に向けて準備しているからこその変化ですね。

池本さん:「はい。だからこそ、女性は妊娠による体の変化と負担が大きく、セックスに対して意欲的になれない場合もあります。そのため、いきなりセクシャルな雰囲気に持っていくより、むくみやすい脚のマッサージをしてあげたりしながら、ゆっくりと触れ合いを楽しみ、心と体を開いてあげましょう。『セックスは挿入のみにあらず』。豊かな触れ合いの先に、挿入に至るセックスもついてくるといいなぐらいの気持ちでいるほうが、スムーズに事が進みますよ」

− セックスは挿入のみにあらず。それは森林原人さんも言っていました!

池本さん:「妊娠は夫婦のセックススタイルを作り変え、多様な楽しみ方を広げていく絶好のチャンスです。どうしてもセックスは男性主導になりがちで、まだまだ受け身な女性が多い現状ですが、妊娠を機に女性主導のセックスを取り入れて、共に楽しめるセックスとはどういうものかを見直していく良い機会になると思います」

− それは本当にそう思います。

池本さん:「男性にとっては挿入をどの程度してよいものなのか、なかなか感覚では分かりません。だからこそ、挿入の加減を女性に任せたり、女性自ら腰を動かしたりして女性側の積極性を育む様にリードして行けば良い。また、男女共に挿入にとらわれないセックスを取り入れていくのもオススメです。今までのようにセックスができないからこそ、コミュニケーションをより重要視して、男性は女性が動きやすいように促してあげたり、女性は今まで遠慮して言えなかったこうして欲しいと言ったり。素直に伝えていく機会にできるようにしましょう」

− そこでセックススタイルが変化すれば、今までとはまた違う楽しみ方ができるようになるんですね。

池本さん:「妊娠中の様々な変化がおこる期間だからこそ、マンネリセックスになりようがないというのは大きなギフトであると言えますね

セックススタイルの変化がもたらすもの

− いつものセックススタイルの変化は、「きっかけがないと難しいもの」ですよね。

池本さん:「そうですね。例えば、若い内は強い刺激を求め、激しいピストン運動に走りがちです。しかし、年齢を重ねてそのようなセックスを続けていると、男性はセックスによる体力の消耗が激しく、年々セックスがしんどくなってきてしまいます」

− 確かに、それがお互いにとっていいものと思っているからこそ…ですね。

池本さん:「しかし、実は女性はそのようなピストン運動よりも、じっくりと奥まで挿入したまま前後左右へ腰を押し付けるグラインドの動きのほうが、クリトリスへの刺激を受け続けることができオーガズムを体感しやすいのです。激しい動きもたまにはいいですが、長いセックスライフの視点で見るとスローな動きのほうがお互いのニーズに合っている事が言えます」

− そうなんですか!!激しい方がいいかと思ってました。

池本さん:「この動きに慣れない男性は、刺激が弱く最初は快感が減ったように感じるかもしれません。しかし、じっくりと挿入しているからこそ、膣の絡みつく感覚が感じられるので、スローな感覚がとても気持ち良くなってくるはずです。これは、男性にとっても省エネであり、早漏予防にもなりますので、お互いの満足度も格段にあがっていきます」

− まさに、妊娠を機に変われることのひとつかもしれません。

池本さん:「そうなんです。妊娠を機に、スローなセックスを探求しはじめる事ができたら、どんどんセックスが楽しくなりコミュニケーションが深まり、お互いを思いやる気持ちや、今日も気持ちよくしてくれてありがとうという感謝を核にした関係性を作っていけますね。これこそ、他の動物が生殖という目的しか持たないセックスと違い、人間だけが感じられるセックスの醍醐味だと思います

妊娠35週からの「積極的セックスのすゝめ」

池本さん:「妊娠後期に入り、35週を過ぎたあたりからは、積極的にセックスをしていくことをオススメします。前編でも述べたように、股関節を柔軟にし、会陰や産道を柔らかくするために、指や男性器による膣への挿入がマッサージの役割を果たしてくれるからです」

− 妊娠後期こそ、セックスしてはいけないかと思っていましたが、逆だったんですね!

池本さん:「また、精子の中の『サイトカインIL8』という成分が子宮口を柔らかくするホルモンと似た働きを持っています。挿入による刺激や膣内射精が子宮口を柔らかくし、安産を促す働きがあるんですよ

− 精子にもそんな効果があるんですね。人間は、つくづく凄い生き物です。

池本さん:「また、ちょっと上級テクかもしれませんが、会陰マッサージを旦那さんが行ってあげるのもコミュニケーションが深まりオススメです!」

− 会陰マッサージですか?

池本さん:「会陰マッサージのやり方は、植物性のマッサージオイル等を膣の周りにたっぷり塗って滑りを良くして、人差し指の第二関節ぐらいまでを挿入します。そして、会陰を下に押し下げたり、左右に下半円を描くように伸ばしてあげてみましょう。なお、出産による傷で産後のセックスに不安や痛みを感じる人は多いのですが、この会陰マッサージは有効です。男性が覚えてほぐしてあげると、産後のセックス再開がとてもスムーズになりますよ」

− 会陰マッサージ、覚えておかなくちゃ。今回もめちゃくちゃためになりました…!本日はありがとうございました!