【セックスレス、克服完了】奥さんをセックスに誘う方法を結婚10年目のビンビン男が語り尽くす

付き合って数年、結婚して数十年。
同じ女性と長きに渡って共に過ごす中で、起こるマンネリ化。精神的にはそうでなくても“身体的”ーーつまりセックスレスになってしまうのが普通の男というものです。

しかし、中には一度セックスレスになってしまったとしても一念勃起ならぬ、一念発起し、付き合いたての関係に戻った男もいます。

そこで今回は、結婚して10年にもかかわらず、週2回セックスをする「セックスレスを乗り越えた一般人男性」を直撃

“久々の奥さんをベッドへ誘う方法”や日常生活における奥さんへの考え方を語ってもらいました。

奥さんをベッドに誘うために必要なのは“言うか言わないか”それだけ

STAND読者の方、こんにちは。とある企業で役員やっている30歳の山田と申します。

この記事を見ているということは、パートナーと「しばらくセックスをしていない」のではないのでしょうか。
かくいう僕も、1年ほどセックスレスの時期がありましたが、その時は妻に対してムラムラもしないので全くセックスする気が起きませんでした。

一方で心のなかには、「それって夫婦生活としてどうなの?」という気持ちがあったことも事実。
ということでセックスしようかと思うのですが、何と言っても「今更恥ずかしいし、そもそもどうやって誘えばいいかわからない」という状態になっていました。

かと言って、仕事も忙しく、子どももいるので旅行に行ったり特別なことをすることができない。

そこで行ったのは、いたってシンプル。しっかりと話し合うということです。と、言っても内容は……
今までなかなか言い出せなかったけど、俺はお前とセックスがしたい。できれば毎日したいくらいだ(原文ママ)」と言いました。

世の男性たちは、きっと恥ずかしさやプライドが邪魔してなかなか言い出せないかもしれませんが、ここは頑張り時だと思います。勇気を出して一言言ってやりましょう。

正直僕としても、毎日はしたくなかったのですが、ちょっと大げさに言った方が女性には愛情が伝わると思います。
つまり、ここで伝えるべき裏テーマは「俺は今でも、お前をめちゃくちゃエロい目で見ているぞ!」ということを素直にアピールすることなのです。

これを伝えた夜はなんとしてもセックスをしましょう。そのため、この言葉を放つのは夜飯のあとです。
食事が終わってホッと一息ついているタイミングで、言う。
そうすると、「きもっ」とか「何言ってんの?」、「急に怖いんだけど」などなど、暴言も吐かれる可能性もあります。

しかし!!程度の違いはあれど、「好きなお前と毎日セックスがしたい」と言われて、嬉しくない女性がいないワケがないのです!

奥さんを「妄想の対象として見る」必要性

そして、無事に初めの一歩を踏み出すことが出来たら、そのあとは期間を空けないように定期的にセックスすることです。できれば週1〜2回はしたいところ。それ以上期間が空くと、またセックスレスに戻る可能性が高い。

その際に、二回目の誘い文句…つまり、毎週のセックスをどう誘うのか?という部分ですが、これは「相手に自分のムラムラが伝わること」が理想です。

どういうことかというと、きっと奥さんと付き合ったばかりの頃は、「どこで何をするよりもセックスがしたい!」と強く思う時期があったことだと思います。
その時、皆さんは言葉は必要だったでしょうか?

否、セックスするために言葉は不要だったことでしょう。

そうです。理想はこのときの状態に限りなく近づけることなのです。

では、どうやってその状態に近づけるのか?という話ですが、これはセックスの時“だけ”奥さんをエロい目で見ようとしても絶対に無理なのです。

それ以外の時間、つまり、日常生活を営む奥さんを24時間365日エロい目で見続ける必要があります
一瞬の隙があればすぐにセックスできるくらい、常に奥さんをエロい目の見るのです。

「そんないつも一緒にいて、悪い面を見ている女性をを『女』として見れるかい!できるならやっとるわ!!」
というツッコミもあると思いますが、僕なりのとっておきの方法があります。

それは、奥さんを妄想の対象物とするのです。

あなたの性癖はなんでしょうか?バツイチ子持ちの人妻ですか?ナースですか?女教師ですか?

自分の奥さんが「いずれかの状況下で必死で生きている1人の女性」として常に見続けると無性にエロく見え始めるのです。

例えば、奥さんはナースで毎日おじさんの体を洗ったりしていると勝手に妄想します。その状況で自宅で横になる奥さんを見ると「あ〜今日もたくさんの男性の身体を洗って疲れたのか」 みたいな変態的な妄想が生まれ始めます。

そこまで行くと、奥さんがどんな行動をしても全てエロい方向に転換させることが可能になります。
そんな妄想の中で十分にエロくなった奥さんが隣で寝ていると思えば今すぐ襲いたくなるでしょう。

僕はこの方法で、マッサージ店の店員、人妻(すでに人妻だが)、OLなどなど…妄想により、奥さんを素晴らしくエロい対象として見つづけることでセックスをしたくてたまらない状態を作り出しました。

もうここまでくれば自然と手が体に伸びるので、言葉がなくてもセックスができるようになるでしょう。

そもそも、長年寄り添った妻とセックスをする意義とはなにか?

ここまでは、実用的な手法と考え方でしたが、ここからは「そもそもなぜ僕がここまで妻とのセックスにコミットしてきたか」を伝えたいと思います。

結論から言うと、長年寄り添った妻とのセックスは妻への感謝を表現する場だからです。
勿論、妻への不満は世の男性ならばひとつやふたつどころか大量にあることでしょう。

それでも、やっぱりあなたや家族のために毎日頑張っている事実もある。
そのような妻に言葉で「ありがとう」と声を掛けることは必ず必要である。と言えますが、男なら言葉だけでなく態度で示せ。という話です。

そこでセックスです。

とにかく、徹底して奥さんが気持ちよく刺激的な快楽を得られるように日々研究しPDCAを回す。これに徹するべきだと考えます。

※イチ読者として僕が参考にしたSTANDの記事はここらへんです。
ゴールドフィンガーは実現不可!?ただのOLがAV男優・森林原人氏に聞く、正しい前戯・挿入方法
セックスの時、腰を「速く・長く」振り続けるには?AV男優・森林原人氏に聞くSEX術
体位がマンネリ化している人に捧ぐ。男2人でセックス48手をヤッてみた・前編

そうした時に、ひとつの境地に行き着くとはずです。

それは、「妻が感じていると自分には刺激がないはずなのに、気持ちよくなってくる」のです。これは、体ではなく心がつながる瞬間ではないかと思いますが、このような状態になると、自分も気持ちが良いのでもっと奥さんに快楽を提供したくなります。
これによってPDCAが高速化し、更なる快楽を追求するようになります。

だからこそ、身体で示すことによって、日常生活の「ありがとう」の言葉にも深みが増すのです。結果として、夫婦円満になりますし、わざわざ浮気したい。という願望すら抱かなくなります。

個人的に浮気性の男性は、自分が快楽を得るためのセックスを求めているのではないか?と思っていますし、セックスは体の繋がりだと思っているのでは?と感じます。

セックスは心をつなげる行為なので、長年寄り添った妻の方がより満足度の高いセックスが実現すると思います。

幾つになってもセックスをするために必要なことは「ルーティン化」

今までお伝えしたように、妻をエロい対象物で見るために独自の妄想で1人の女性としてみること。
そして、セックスする際は自分の快楽よりも「妻への感謝」を徹底的に表現することが大切だと思います。

加えてお伝えするなら、「セックスの頻度をルーティン化させること」です。つまり、毎週土曜は当然のようにセックスする。など習慣化させることが、長くセックスをする秘訣だと考えます。

これは運動を習慣化させるのと同じで、習慣化すると逆にしないことが気持ち悪い。という状態になると思います。
この状態はあなただけでなく、奥さんも同様ですから、セックスのある日常を習慣化させることでいつまでも楽しむことが可能です。

逆を言えば、セックスのない生活が習慣化されれば一瞬でセックスレスになるとも言えます。

以上が、僕のセックスレス克服論です。

今、多くの夫婦やカップルがセックスレスに悩んでいるでしょう。しかし、本当にその状況を変えようとしていますか?
なにも行動しないことーーそれが、最もいけないことです。

この記事を読んでくれた男性が今夜、「今までなかなか言い出せなかったけど、俺はお前とセックスがしたい。できれば毎日したいくらいだ」
と妻に言うことを願いながら、終わりとさせていただきます。

幸福な夫婦やカップルが増えますようにーー