「妊娠中のセックスは安産に繋がる?」アマナ性共育代表/助産師・池本千有氏に聞いてみた。前編

「妊娠中のセックスは安産に繋がる」「そもそも、妊娠中はセックスをしたほうがいい」

このような事実、知っていましたか?

私は知りませんでした。皆さんこんにちは、浜松一郎です。

特にSTANDの読者である男性は、自分の身体が妊娠という状況にならないからこそ、なにをしてよくて何をしてはいけないのか、わからないことばかり…。
そこで、妊娠中のセックスにおける衝撃の事実をアマナ性共育協会代表・助産師である池本千有氏にお聞きしました!

今回は前後編に分けてお送りします!


池本千有/日本アマナ性共育協会代表理事/助産師
1997年助産師となり、2003年助産院「のあのあ」開業。
2012年3児の母としての子育てエピソード、15年に及ぶセックスレス解消体験を踏まえ、性教育講演会を開始、今までにない具体的で分かりやすい内容が多くの女性に支持される。
2015年、大人の女性のための実践型性共育アマナレッスンを考案、述べ400名以上が受講する人気講座となる。
2017年4月、日本アマナ性共育協会を設立し、実践型性共育を含む真の性共育者の養成に力を注ぐとともに、女性性を開花する生き方そのものがビジネスになるライフスタイルをコンサルティングし、卒業生が全国にて性共育講座を展開している。講座情報は協会HPより。URL:http://jaei.jp/

妊娠後期に入ったら積極的にセックスを取り入れていくと安産につながる!?

− 本日は男性代表として色々お聞きできればと思います。早速お聞きしたいのですが、ズバリ妊娠中のセックスってしてもいいんですか!?

池本さん:「お腹の赤ちゃんの事を考えて、男女共に怖がって避けがちな時期かと思いますが、私の見解としましては、妊娠中のセックスは必要であると考えています

− なんと!それはなぜですか?やはり、色々影響があるのかなと思うのですが…!

池本さん:「出産の現場では、股関節、会陰、子宮口が固い産婦さんが増えていて、出産がスムーズに進まなかったり、帝王切開につながる傾向が年々高まっているんです。妊娠中のセックスは、股関節を柔軟にする機会になりますし、男性器による愛撫で産道を柔らかくする効果があります。だからこそ、特に妊娠後期に入ったら積極的にセックスを取り入れていくと安産につながるのです」

− そういうことなのか。

池本さん:「お腹が張りやすく、お医者様からお薬を処方されていたり、安静の指示が出ているなどの状況でなければ、人間に本来備わっている自然な行為なのですから、必要以上に恐れることはありません。妊娠中だからこそ楽しめるセックスのあり方を二人で工夫していくと、コミュニケーションが深まります。また、夫婦が仲良く肌を触れ合わせて、心地よい瞬間をお腹の赤ちゃんと三人で楽しむことは、胎教という点においても、とてもいい時間になるんです

妊娠中にセックスをすることで、未来の「セックスレスリスク」が減る!

− なるほど。色々良い効能があるんですね!

池本さん:「そうなんです。お腹が大きくて大変だから出産までは我慢して・・・と思いがちですがそうではないんです。そうすると、セックスレスになってしまう恐れもあるんです。というのも、夫婦が本当に大変なのは出産後で、子育ての忙しさというのは数年単位、いや、十数年に渡って続きます。気がつけば、妊娠を機にセックスレスになり十年以上が過ぎ、もう再開のきっかけが分からなくなってしまいました、という相談はとても多いんですよ」

− 確かに、セックスレスの夫婦ってめちゃくちゃ多いですよね。

池本さん:「現在の日本は、セックスレス夫婦が全体の6割を超えています。セックスは言葉でのコミュニケーションでは埋めることのできない部分を補う、夫婦間の潤滑剤のようなものです。体の触れ合いにより、幸せと信頼のホルモン「オキシトシン」が豊かに分泌されると、夫婦仲は円満になります。つまりは、妊娠中だけの視点ではなく、長い目で家族のあり方を眺め、セックスによるコミュニケーションを意識的に維持していくことはとても大事だと思いますね」

妊娠中のセックスで気をつけるべきこと

− 妊娠中のセックスしたほうがいい!とはいえ、やはり気をつけなければならないことはあるんですか?

池本さん:「まず、変化としては妊娠によって子宮が大きくなるので、オーガズムを感じた時に子宮がキュンと硬くなる感覚を感じやすくなります。ただ、一時的なオーガズム反応ですので、怖がりすぎる事はありません。妊娠中だからこそのダイレクトな子宮感覚と仲良くなり、楽しんで欲しい部分です」

− キュンと硬くなる感じはオトコにはわからないから、これは女性に伝えてあげるべきことですね!

池本さん:「ただ、セックス後にお腹が張ったり、少量の出血がある場合はおさまるまで安静にしてください。その後も持続する場合には、かかりつけの医師に相談しましょう。お腹が張りやすく服薬や安静の指示が医師から出ている場合はセックスはお休みして、体調をみながら再開してください」

− なるほど!

池本さん:「あとは、雑菌が膣内に入り子宮口が炎症を起こすと早産の原因になることがあるので、清潔に、セックス前後のシャワーを欠かさないようにしましょう。膀胱炎にもなりやすくなるので、女性はセックス後の排尿を済ませて就寝するのも忘れずに

− 男性はどのようなポイントを注意すればいいでしょうか?

池本さん:「男性側は子宮が大きくなって、圧迫感を感じやすくなります。決して激しく突き上げない、深く挿入しすぎないように。また、お腹に体重のかかる体位をさけましょう。妊娠後期にお腹が大きくなると、子宮の重みで体幹の動脈が圧迫されて気分が悪くなる『仰臥位低血圧症候群』が起こる事があります。仰向けより体を斜めにした体位、側臥位(横向きの体勢)によるバックからの挿入や、女性上位の体位がおすすめです

− 妊娠中だからこそ、楽しめる方法があるし、セックスのスタイルを変化させることができるのか。これはめちゃくちゃ勉強になります。

妊娠中の様々な変化がおこる期間だからこそ、夫婦にとっては大きなギフト

目から鱗の妊娠中のセックスのススメ。赤ちゃんがお腹にいるからこそ、気をつけなければならないこともあります。

後編では妊娠中のセックスにおける楽しみ方や具体的な方法をお伝えいたします!

後編はこちら!