告白を成功させるには、どのタイミングがベスト!?男女100人に聞き、その違いを分析してみた

大人になればなるほど、経験が豊富になる恋愛。
しかし、経験を積み重ねているはずなのに、“告白するタイミング”がどんどん分からなくなってしまうのは何故でしょうか。

「告白っていつするんだっけ?」
「なんて言えばいんだっけ?」

と分からなくなってしまっている方も多いことでしょう。

大人の女性は告白についてどう思っているのでしょうか。今回は、20代〜30代の独身男女、それぞれ50人ずつに自分がベストだと思う告白のタイミングについてお聞きし、告白を成功させるためにはどのタイミングがベストなのかを分析してみました。

男女ともに3〜5回目のデートがベスト!?告白のタイミングとは?

まずは、アンケート対象となる男女50人ずつに

ー告白するのにベストだと思うタイミング(女性の場合は、告白をされるのにベストだと思うタイミング)は、知り合ってから何回目のデートだと思いますか?

という質問をしました。結果は以下のように。

男女ともに「3回目」「5回目」と答える人が多いよう。
双方の間で大きな違いはないようですが、「1回目」と答える男性が3人にいたのに対し、女性は0人。また、「6回〜10回」と答えた男性が3人しかいなかったのに対し、女性は9人もいたことから、どちらかというと女性は回数が多い方が良いと思う人が多いということが言えるでしょう。

では、それぞれ何故その回数がベストだと思うのでしょうか。
理由を聞いてみました。

<男性の場合>
●相手がどういう人か分かっていない状態で告白すると失敗してしまうし、反対にデートの回数を重ねすぎるとドキドキ感が少なくなり、男友達だと思われてしまう可能性が高くなるため、5回目くらいがベストだと思う。/34歳・自営業
●相手の良いところだけでなく、悪いところもしっかりと知らないといけないので、3回くらいのデートは必要。ただ、それ以上デートを重ねてしまうと告白するタイミングを逃し、友達以上の関係になれないと思う。/26歳・会社員
●3回目のデートがベスト。早すぎるとこちらも相手を見極めきれない。また、女性側としても3回目のデートを承諾するということは、こちらに好意を持っている可能性が高い。それ以降のデートで告白をすると、女性側はもう恋愛対象としてではなく友達として自分を見ている可能性が高い。/28歳・会社員

それぞれ、お互いのことを知るためにある程度のデートの回数は必要だと思ってはいるものの、一定の回数以上のデートをしてしまうと、恋愛対象ではなく友達になってしまうことを懸念しているようです。

これに対し、女性の意見はどうでしょうか。

<女性の場合>
●しっかり相手の価値観を理解するのに、3回は必要だと思うので3回目のデートが良いです。大体3回程度で答えは出ると思うし、歳も歳なので早く結論を出してしまいたいので、それ以降だとちょっと遅いと思います。/34歳・会社員
●1〜2回目のデートではまだ打ち解けていないと思うので、3回目が良い。それ以降だと、脈がないのだと思って冷めてしまう。/27歳・アルバイト
●6回目のデートが良いです。それ以前はまだ相手のことをよく知らないですし、あまり早すぎると体目当てなのかな?と不安になります。しかし、それ以降だと“この関係ってなんなんだろう”としびれを切らしてしまいます。/29歳・心理カウンセラー

男性と同様、相手のことを知るためや、相手が体目的でないと判断するために何回かのデートは必要だと感じているようです。しかし、あまりにデートの回数が多いと、“脈がない”と判断してしまうよう。

また、“相手のことを知るために必要なデートの回数”は人によって幅があるようです。
女性の場合は30歳前後になると年齢を気にし始める人も多いので、“早く結婚したそうだな”という女性には、早めのデートで告白をしても良いかもしれません。

これらの結果を元に言えることは、男女ともに告白は早すぎても遅すぎてもダメだということ。
男性に比べて女性の方が、ベストだと思う告白のタイミングがやや遅い傾向にあるので、男性は自分がベストだと思うタイミングプラス1〜2回目のデートで告白すると良いでしょう。

しかし、相手の女性が年齢を気にしている場合や、“この関係って結局なんなの?”と判断を急ぐような素振りがあった場合は、早めに告白をしても良いかもしれません。

告白をされて判断を迷っている女性は何を懸念てしているの?

では、男性の告白に対し女性が答えを迷っている場合、何を懸念しているのでしょうか。
男性にはその理由を予想してもらい、女性にはその答えをお聞きして見ました。

<男性の予想>
●将来性があるかどうか、結婚したらどうなるかを考えていると思います。/24歳・フリーター
●遊び半分ではないかという点。/36歳・会社員
●経済力や仕事の忙しさ。/29歳・自営業

男性側は、自分の告白の本気度や経済面、将来性を懸念しているのではないかと予想しているよう。
果たして、女性側の答えはどうなのでしょうか。

<女性の答え>
●付き合ってから態度が変わらないかどうか懸念している。今は連絡がこまめにくるが、付き合ったら頻度が著しく減るのではないかなど。/25歳・会社員
●付き合う前と付き合った後で態度が変わらないかどうか。数回のデートだったら誰でも優しくできると思うので。/28歳・事務職
●結婚相手として考えられるかどうか。ブランドのカバンや、高い飲食店にこだわる人だと、今後の生活が不安になりそう。/30歳・会社員
●会話や行動が女性慣れしていると居心地が良いけれど、浮気をするんじゃないかなと不安に思ってしまう。/39歳・事務職

女性側は、経済面よりも“男性側の本性”を気にしているよう。確かに、経済面は相手の職業や暮らしぶりで、数回のデートでも何となく予想ができますが、“デート中の優しさが本物かどうか”“浮気をするかどうか”はそれなりに相手と素で向き合っていないと判断できません。

これらを懸念して女性が判断に迷っている場合は、信用されていないということです。
女性側の懸念点を減らし、告白にOKをもらう可能性を高めるためには、告白までのデートで“いかに信頼してもらえるか”に気をつけると良いでしょう。

限られたデート時間で、いかに信頼関係を築けるかが大事?

時間に余裕のある学生の頃に比べ、時間をかけてお互いのことを知っていくことがなかなか難しい社会人。
男女ともに「デートの回数を重ねすぎるのは良くない」と思っているようですが、告白に対してOKするかどうか迷っている女性は、相手との信頼関係が十分に築けていないことを懸念しています。

何度もデートをすることはあまり良くないものの、信頼関係が築けていた方が告白が成功する確率は高まるのです。
この結果から分かることは、社会人の恋愛は“数回のデートでいかに信用してもらえるか”が重要だということ。気になる女性に良く思われたい、カッコつけたいという気持ちは男なら誰しも持っているものですが、背伸びをしすぎると“この人、すごくリードが上手いけど女慣れしてるのかな?”“優しすぎて逆に怖い”といった不信感の原因になってしまいます。

相手を思いやる気持ちを持ちつつも、できるだけ自然体で、自分を作りすぎないデートを心がけましょう。