女性の性感帯を、ラブライフアドバイザー・オリビア先生に聞いてみた

突然ですが、男性の皆さん。女性の性感帯をきちんと探ってみたことはありますか?

恐らく多くの方が、とりあえず「乳首」と「股間」を触っておけばいいんでしょ?と思っているのではないでしょうか。

今回はそんな「とりあえず乳首と股間」と考えている男性たちに鉄槌を下すべく、ラブライフアドバイザー・オリビア先生に乳首と股間以外の性感帯についてお聞きしました

股間は舐めてもいいですが、女性を喜ばせることに対してはなめてはいけませんーー。

OliviA(オリビア)  ラブライフアドバイザー
学生時代に海外留学を経て、性に関する研究調査を開始する。「女性の性」をテーマに大学の卒業論文を執筆。2007年より日本では珍しい性生活の総合アドバイザーとして活動。
テレビ・ラジオなど国内外のメディアに多数出演。日本と台湾での書籍出版、サロン・スクール運営など、多方面で「女性がごきげんになるためのセックス」の情報発信を行う。
著書に「愛され女子は知っている 世界でいちばん幸せなおうちセックス❤」(マガジンハウス)「最高に気持ちがいい! 感じるセックス、飽きないセックス」(実業之日本社)など

性感帯の前に、まずは「愛感帯」を捉えよ

− 早速ですが、乳首と股間以外に女性の性感帯ってどこにあるんでしょうか?

オリビア先生:「あります。ただし、まず前提としてその人なりの全身の『性感帯』と『愛感帯』を見つけることが大事です」

− 愛感帯…!はじめて聞きました。

オリビア先生:「『愛感帯』とは、私の造語ですが、普段あまり触れることがないけど、パートナーに丁寧に触れられると愛を感じ、うっとりする場所を言います

− 具体的にどのような場所を指すのでしょうか?

オリビア先生:「愛感帯は『髪の毛』、『カラダの末端(鼻、手足の指先)』、『仙骨』などです」

− なるほど…。どのように触れば女性を愛を感じるのか、どうか教えてください…!!!

オリビア先生:「髪の毛は、毛根に微細な刺激を与えるように、やさしくふんわりと撫でると女性はうっとりします。また、髪の毛に優しくキスするのもアリです。そして、カラダの末端である指先などは、指先をなぞったり、指をからめたり、愛おしさをアピールしましょう。指をしゃぶるのは興奮度大です。最後に、仙骨は、お尻の割れ目の上にある骨ですね。触り方としては、手の平を密着させて温めたり、指先でソフトになぞるとゾクゾクします」

− ほほう…!!髪の毛は触る方が多いかと思いますが、毛根に微細な刺激を与えるといいんですね…!指先もなんとなくわかりますが、仙骨は初耳でした。

オリビア先生:「これらの箇所をまず触れてあげて、愛を感じさせてあげるのがポイントです」

女性の性感帯を網羅する

− では、本題の性感帯ですが、ちょっとその前に質問です!私がゲットした情報で「女性がくすぐったいと思う場所は性感帯」ということを聞いたのですが、それは本当なんですか?

オリビア先生:「そうですね。くすぐったい場所は、『皮膚感覚が敏感な場所』です。女性が男性に対して安心感を抱き、脳がHモードに入ると、くすぐったさが快感に切り替わります。ただし、くすぐったがり屋の女性には通用しないこともありますので、要注意です」

− くすぐったがりなのか否か、日常のコミュニケーションでしっかりと調べる必要がありそうですね。

オリビア先生:「では、具体的な性感帯の場所はどこかと言いますと、『骨の上』『くぼみがあるところ(指の間、脇の下、へそ、ひざの裏側) 』『カラダの裏表の境目(わき腹)』『皮膚の薄いところ(まぶた、首筋、二の腕の内側、太ももの内側)』などです」

− こんなに多くの場所があったとは…!!総じてなにかしらの特徴があります。

オリビア先生:「この中で、代表的な場所の攻め方を教えます。まず首筋は、そっとキスをしたり、首筋にそって舌で舐め上げてください。こうすると、思わず腰がくねくねしてしまうほど感じる女性もいます。そして、背骨は指、唇を使って下から上に向かってなぞり上げます。女性によっては、電気が走るような感覚になります」

− なるほどなるほど!

オリビア先生:「3つめはわき腹。目安として、洋服の縫い目がある付近や腰骨を指や舌でなぞりましょう。そして、ひざの裏。ここは隠れた性感帯でキスをしたり、舌を這わせるとムズムズとした不思議な快感が与えられます」

− ひざ裏!?確かに、条件にある「くぼみ」と「皮膚の薄いところ」に当てはまってますね。すごい。

オリビア先生:「太ももの内側は、脚の付け根に近づくほどに敏感になります。なので、キスやタッチでじらしながら性器に近づいていってください。最後はくるぶしです。前述した通り、骨の出っ張りは性感帯。クルクルとソフトに撫でられるだけで思わず声が漏れちゃいます。やみつきになる女性続出の新感覚の性感帯です」

− めっちゃ勉強になりました。これ全男性知っておいたほうがいい情報だ…!!これらを知ることでいつものセックスに新しい刺激が生まれますね。

オリビア先生:「そうですね。セックスの満足度を上げることで、セックスレスの予防や心の充足感を味わえることは間違いありません。そもそも、男性と女性では、性反応(興奮からオーガズムの流れ)にタイムラグがあります。一般的に、男性の方が急速に興奮し射精までスピーディー。女性はオーガズムに至るまでに時間がかかるんです」

− それは確かに。

オリビア先生:「そのため、男性は前戯なしでも勃起さえしていれば挿入OKですが、女性は、体が準備できておらず、挿入時に痛みや不快感を感じることもあります。そのタイムラグを補うのが、前戯で性感帯を開拓することなんです。『痛くて、気持ちよくないセックス』を続けていれば、はじめは我慢できても、だんだんと男性に対する嫌悪感が出てきてしまう。だからこそ、丁寧な前戯をするためにも愛感帯や性感帯を知ることはとても大切なことなんです」

カップル間のセックスはスキンシップ・コミュニケーション

− これでセックスを探求できる男性が増えることを願います…!

オリビア先生:「そうですね。私は、カップル間のセックスは、心身の健康を促すスキンシップ・コミュニケーションだと思っています。セックスは、合意なく行えば、心の傷として残る暴力にもなりうるし、ふたりが積極的に取り組めば、至福の体験にもなる「諸刃の剣」です。近年、日本人はセックスレス化し、若者では、セックスへの消極性を感じています。この機会に、セックスのポジティブな面に気づき、心も体も癒され、明日の活力になるようなセックスができる人がどんどん増えて欲しいと思います」

− 本日はありがとうございました!