「するのではなく、味わう」小室友里さんに聞く、女性が気持ちのよいキスの方法とは?

ふとした瞬間に、カップルが愛を確かめ合える行為。それはキスです。

愛情表現として、仲直りの証として、セックスの始まりと終わりに…。

もはや、キスはカップルを繋ぐ架け橋だと言っても過言ではありません。
とはいえ、「気持ちのいいキスなんてあるの?」、「キスにテクニックってそんなに重要なの?」
と思っている男性も少なくないでしょう。

そこで今回は、世の男性にキスの重要性を理解していただくべく、1996~1999年までトップAV女優に君臨し、業界を牽引した小室友里さんに「女性が気持ちいいと感じるキス」の方法についてお聞きしました


小室友里さん 1996~1999年までトップAV女優に君臨。業界最盛期を牽引した。
引退後は、口喧嘩からセックスレスまで、恋愛コミュニケーショントラブルを解消する「ラブヘルスカウンセラー」としての活動。
同時に舞台や映画出演、オリジナル楽曲の作詞・ヴォーカリストとしてのライブ活動も開始。
2000年9月シングルCD「NAKED」でインディーズデビュー。2014年、新世紀プロレス団体「ドラゴンゲート」所属のヨースケ♡サンタマリア選手の入場テーマ曲「サンタマリア・ウォーク」のヴォーカリストに選出。
2016年02月13日、配信オリジナルシングル「音返し~ONGAESHI~」をリリース。2017年8月23日には自身初のミニアルバム「音返し~ONGAESHI~」発売予定。
小室友里主宰・男性限定恋愛セミナー「女心を知れば人生は開ける!人生を変えたい男のための男の学び場」開講中!最新情報はこちらへ。
http://komuroyuri.peatix.com

女性はキスでイケる!?キスの重要性とは

− 早速ですが、女性にとってキスとはなんなのでしょうか?

小室さん:「女性にとってキスはセックスよりも大切なセックスコミュニケーションだと思います。『男性はキスではイケないけど、女性はキスだけでイクことができる』。それくらい大切、かつ、快感を得られる行為なのです」

− え!!確かに男性はキスで快感を感じるかというと、そうではありませんが女性にとってはそこまでなんですか…!

小室さん:「はい。また、キスは愛の象徴でもあります。自分をどんな風に愛してくれるのかと、唇で男性のセックス力を測っているのです

− 唇からセックス力を測っているとは、具体的にはどういうことでしょうか?

小室さん:「前提として、『セックスはその人の人生そのものを表している』行為です。雑な人もいれば丁寧な人もいる。それは男性の普段の生き方に直結していると思います。つまり、女性は『セックスよりも大切なセックスコミュニケーションであるキス』でセックス力、男性の人生観を感じ取り、自分に見合った男性なのかを見抜いていると言っても過言ではありません。また、唾液で自分のDNAと近過ぎないか、確認しているとの説もあります

− 思っていたよりもはるかに、キスは重要な行為のようですね…!!!

小室さん:「だからこそ、『セックスはできてもキスはいや』という女性がいるのは、このような理由もあるのでしょう。キスという行為は男女平等であっても、女性は受けることを喜びとする性です。与えられるほど愛されていると喜び、無償の愛情を男性へ注ぎ始めます。もし、大切にしたい女性がいるのなら、まずはあなたからキスを与えましょう。そうすることで、男性自身も愛を感じられるようになります」

− 与えることで、自分にも愛情が返ってくるんですね。「最近、彼女の愛が足りないなぁ」と思っている男性は、まず自分が与えられているかを考える必要がある。ということか…!

女性が喜ぶキスの仕方は「男性がこんなのが気持ちいいの!?」と思うキスである

− それでは、実践で「女性が喜びぶキスの仕方」はどのようにすればいいのでしょうか?

小室さん:「情熱的なキスが好きな男性は、唇をぎゅう〜〜っと押し付けて、舌を押し込んでくる人がいます。しかし、このやり方に女性は喜びません。男性の独りよがり、空回り感を物凄く感じてしまいます。むしろ、『この人AVの見過ぎ!』と内心冷めた目で男性を見てしまうのです」

− 激しく愛情表現をすればいいということではないのですか…?

小室さん:「そうですね。そのため、『えっ?こんなのが気持ちいいの?』と男性が思うキスが、女性にとって理想的なキスだと思って下さい。コツとしては、女性のとにかく柔らかい唇を堪能するようにキスをすることです」

− 無理やり舌を絡めるとかではなく、唇を堪能する…。丁寧、かつ優しくキスをするということですか。

小室さん:「はい。具体的には、唇を軽く触れ合わせるだけのキスから始め、ただ唇を押し合わせるだけでなく、唇で『女性の唇』を食む、吸う、舐めるなど、思い思いの味わい方を楽しんでください。とにかく、男性が覚えておくべきことは『キスはするものではなく、味わうもの』。この言葉を心に刻んでおけば、女性が愛を感じるキスに限りなく近づけるでしょう」

− キスはするものではなく、味わうもの。心のメモに刻み込んでおきます。

小室さん:「ちなみに、一番ダメなのは『気持ちいい?』と聞くこと。実は気持ち良くないのに気持ちいいと答えざるを得ず、言わされた感たっぷりの女性は瞬時に冷めてしまいます」

− 行動のみで表すということですね。難しい…!では、最後に男性にメッセージをお願いします!

小室さん:「『自分が気持ち良いんだから相手も気持ち良いはず』。それが大きな間違いを生み、女性から『キスが下手な人、セックスが下手な人』との烙印を押されるのです。男と女には大きな性差があります。男と女の違いを知って愛情を込めたキス、そしてセックスを楽しんでもらいたいですね!」

− なるほど…!!本日はありがとうございました!

キスはパートナーへの愛を唇で表現するもの!

小室友里さんはキスを「セックスよりも大切なコミュニケーションである」といいます。
確かに、日常的に愛を感じられる行為としてキスは非常に大切な行為なのでしょう。

だからこそ、キスだからといって無理やり情熱的にするのではなく、女性に優しく接するように「唇にも優しく接すること」が大切なのです。

日常生活、そして男性の人生が現れるキス。

ぜひとも男性の方達は小室さんの意見を参考にして、今日からパートナーへの優しいキスを初めてみて下さい!