【女性用AV鑑賞会】オトコ達に「普段のAV」との違いを感想文にしてもらった結果

透明人間が現れたり、時間が止まったり…

日本のAVは非常にバラエティに富んだ作品がリリースされています。その中で、皆さんは「女性用AV」の存在をご存知でしょうか?

女性用AVは名前の通り、女性が見ることを前提に作られた作品で、我々男性が見るAVとはひと味違ったものです。
私、浜松一郎はその存在を知った時、ひとつの仮説を立てました。

もしかしたら、女性用AVを見れば、今までわからなかった女性の気持ちがわかるようになるのではないか」と…。

というわけで今回、毎日のようにAVを嗜む「AV大好き男性」を集め、女性用AV鑑賞会を決行。いつも見ているAVとの違いや、気付いたことを感想文にしてもらいました。

果たして、男達はどんな気付きを得るのか…大人の自由研究のはじまりです。

※女性用AVは、数本見てもらいました。

24歳・小上さん 「女性は性器の絡み合いよりも、愛の絡み合いを求めている」

− はじめに、小上さんの基本的な情報を教えて下さい。

「はい。僕は基本的にセックスが好きですが、独りよがりのタイプだとは自覚しています。というのも、今まで女性に満足してもらった試しがあまりないからです。ただ性欲がとても強いほうなのでどうしても抑えられないといいますか…。なので、女性用AVで気付いたことはたくさんありました」

そんな小上さんが書いた感想文はこちらです。

女性用AVを見ていて、男性用AVと違うと思った点をいくつか挙げます。

まず、イケメン。男性用のAVには様々な男性が出演しているのにもかかわらず、女性用にはイケメンしか出ていません。
それもそのはずか。僕たちも美人のAVしか見ないですし。

つぎに、挿入シーンをアップで映さない
ここは結構意外でした。基本的に気持ち良さそうな表情がメイン。ここの意図が知りたいなと思いました。
なお、僕の見解は、女性は性器の絡み合いというよりは愛の絡み合いを求めているが故、
お互いが「求めてる!」という表情を映しているのだろうなと考えております

あとはアフターケアからの二回戦というAVが男性用よりも多いなと感じました
これは、女性の多くがアフターケアをしっかりしてほしいという心の声にも見えます
しかし同時に、二回戦の需要が結構あるんじゃないかと思い、性欲の強い私は今後二回戦目を積極的に仕掛けていこうと思いました。

最後に、「女性用AVは男性こそ見た方がいい」と世界観が変わりました。
パートナーとうまくいかないときは、女性目線のAVを見ることで彼女との初心にかえったり、またSEXしたいと思えるなと。

映像を見て少し気分がいいので、今夜誘ってみたいと思います。夜が楽しみだ。

なんということでしょう。確実に、視野が広がっているではありませんか。まさかここまで新しい気付きを得られるとは…。
しかし、とても「二回戦」ということにこだわっていたので、少し不安が残ります。

25歳・遅山さん 「行為そのものに喜びを感じる男性と、愛情などの雰囲気を大切にする女性」

「僕は小上さんと違い、性欲が強いほうではありません。しかし、AVは好きですね。今、同棲している彼女がいるのですが、隠れて見ているくらいなので…。今回、初めて女性用AVを見て僕は結構衝撃を受けました」

では、遅山さんが書いた感想文をご覧下さい。

・挿入の前のキスやハグの時間が長い
・女性の笑顔が多い

という2点がまず気になりました。
そして時間を進めるにつれて感じたのは、男性用AVには存在しない「俯瞰カット」の存在です。

男性用AVでは、キスをするにしても挿入するにしても、『その行為』が行われてる場所をアップにして映す傾向があります。ですが、女性用AVはそれが少なく、ちょっと遠目から撮影してるシーンが多かったのが印象的でした。行為そのものはよく見えないのですが、その場の雰囲気がリアルに伝わる絶妙なカットなのです。(あまりの絶妙さに、思わず感嘆の声をあげてしまいました。)

これはおそらくですが、全体を写すことによって、行為そのものよりもその場の雰囲気を視聴者に伝える効果を狙っているのでしょう。

行為そのものに喜びを感じる男性と、愛情などの雰囲気を大切にする女性。撮影の仕方から、男女の違いを知ることができてとても興味深かったです。

「行為そのものに喜びを感じる男性と、愛情などの雰囲気を大切にする女性」という、名パンチラインが飛び出しました。これこそ、真理なのかもしれません…!

31歳・鈴本さん 「女性との付き合いも、セックスも、早送りボタンは押しちゃダメなんだなぁ」

「僕は人生30年以上生きてきて、ある程度の経験はしてきました。その一方で、今まで女性の気持ちを理解した試しがありません。特にセックスとなると、もうさっぱりで。だから、身近に勉強になるものはないかなと思い探していたんです。そのタイミングで今回の鑑賞会のお話をいただいて…。本当に有難かったです」

そんな鈴本さんの感想文はこちらです。

今回見た女性向けAVは温泉旅行ものでした。
女性向けAVってSEXの前後が長いんですね。前後と言っても、前戯と後戯じゃないんです。日常が描かれているんですよ。

たとえば、温泉宿に着いてお茶を淹れたり、洗面所の前に並んで歯を磨いていたり、寝る前に布団の上でじゃれあったり。そういう日常が丁寧に描かれていて、AV1本で挿入してる時間なんて15分もないんじゃないでしょうか

それらのシーンを見た多くの男性はきっとこう思うでしょう「なげーよ」と。いいから早く脱げ、セックスしろと。そして黙って早送りボタンを押すはずです。

でも、リアルなセックスに置き換えると、早送りボタンは押しちゃダメなんでしょう前戯や挿入やキスだけでなく、会話やその場の雰囲気、もっと言えばデートや電話、メールの時間を雑に扱わないこと。女性用AVを見て、女心が頭ではなく心で理解できた気がします。

25歳・さんちゃん 「僕は女性用AVで、新しいエロに目覚めてしまいました」

最後はエロ漢字選手権48手の記事で受けて(白)をヤった性の妖精さんちゃんです。

「僕の性についての考え方は、少し人と変わっています。やはり、どうしても他の男性と同じように感じることができないというか…。どうしても自分視点で女性用AVをみてしまいました」

それでは、さんちゃんの感想文を見てみましょう。

僕が今回、人生で初めて女性向けAVを見る時に注意したのは、男性が見る際の抜きどころです。結果、それはズバリ【各エロシーンの直前】にあるのではないかと思います。何故なら、エロを文脈で捉える女性向け作品のいわば個性が一番出るシーンだからです。

先ず、女性向けAVは女優さんのキャラ作りが細かい。髪型とか肌の色とか仕草とかきっちり作品によって差別化されています。これは、世の女性が女優さんに自己投影しがちである事を意味しているのではないでしょうか

そして内容に関して申し上げます。例えば、彼氏と旅行に行くのがテーマのAVの場合、ベッドでいちゃいちゃしている時に、半ば無理やり服を脱がされたり、一緒にお風呂に入った彼氏から身体を触られたりする場面があります。

つまりそこには、普段「エロい事なんて何も興味ないです」みたいな顔してる女の子が、エロい事されたいと思ってる実情がとても具体的に表現されています

街中で好みの容姿の女性を見ると、ついつい振り向いてしまいますよね。そんな女性に似た女優さんが出る作品を探して、「あの人こんなこと考えてたのか」と浸る…。そんな楽しみ方を、僕は覚えてしまいました。

これはなかなか男性向けAVでは味わうことの出来ない感覚だと思います。女性向けAV、素晴らしいです

他の三人は、女性用AVから様々なことを学び取ったのにもかかわらず、さんちゃんは全く別の方向性で鑑賞していたようです。
どちらかというと、新たな楽しみを見つけてしまった形になってしまいました。

女性用AVを見ることで、もしかしたら“成長”できるかも

4人の男性たちの気付き(一人を除く)…。それは、男性にとって大事なことなのではないでしょうか。

普段、男性用AVを見ているだけでは開けなかった扉、わからなかった女性の気持ちを理解する近道。それこそが、女性用AVを鑑賞することなのです。

大切なことを見失ってしまった男性の皆さん、ぜひ友達の家での鑑賞会をオススメします!