【妊娠中の旦那の心得】女性が妊娠したときに、オトコが知っておくべき7つのこと・後編

さて、前編では妊娠中の食事・睡眠について聞いてきました。

後編も引き続き、お話はアマナ性共育協会理事・助産師の池本千有さんに、妊娠中の精神的な変化や、オトコの心得を聞いていきます!


池本千有/日本アマナ性共育協会代表理事/助産師
1997年助産師となり、2003年助産院「のあのあ」開業。
2012年3児の母としての子育てエピソード、15年に及ぶセックスレス解消体験を踏まえ、性教育講演会を開始、今までにない具体的で分かりやすい内容が多くの女性に支持される。
2015年、大人の女性のための実践型性共育アマナレッスンを考案、述べ400名以上が受講する人気講座となる。
2017年4月、日本アマナ性共育協会を設立し、実践型性共育を含む真の性共育者の養成に力を注ぐとともに、女性性を開花する生き方そのものがビジネスになるライフスタイルをコンサルティングし、卒業生が全国にて性共育講座を展開している。講座情報は協会HPより。URL:http://jaei.jp/

④ホルモンの関係で色々な部分に黒ずみが出てくるが、産後元に戻るから気にしない!

― 妊娠中の女性の体は、お腹が大きくなる以外に変化は起こるのでしょうか?

池本さん:「それはそれは、いろいろな変化が起こります。まず、乳房が張り大きくなることは有名ですよね。これは、乳房への血流が2倍ほどになるので、乳房全体が大きくなり、血管が浮き出てみえるようにもなります。また、乳首や乳輪も大きくなり、色も黒くなっていきます」

― それは聞いたことがあります!

池本さん:「そして、女性器の色も黒っぽくなりますし、おへそを中心に正中線と呼ばれる黒い線が入ります。中には脇が黒ずむ人もいますね。これは妊娠により増加するホルモン、プロゲステロンの作用により、メラニン色素が増加することにより起こるもので、産後にホルモンが落ち着いてきたら自然ともとに戻ります。妊娠初期には肌荒れしやすかったりもしますね」

― 黒ずみは女性にとって気になっちゃうことだから、きちんと元に戻ると伝えよう。

池本さん:「なお、妊娠により体液が40~45%ほど増加することにより、女性器も日に日に変化していきます。愛液の量が増え、膣粘膜も暖かくふかふかになり、子宮による圧迫も加わり、女性器は肉厚でジューシーになります。妊娠中限定のねっとり絡みつくような膣を楽しめますよ」

※妊娠中のセックスについては、下記記事が詳しいです!
・妊娠中のセックスは安産に繋がる!アマナ性共育代表/助産師・池本千有氏に聞いてみた。前編

妊娠中のセックスを楽しめるかが夫婦円満の鍵!?アマナ性共育代表/助産師・池本千有氏が語る・後編

⑤全てのことが赤ちゃん優先になる。オトコはなるべく奥さんをサポートすべし

― 前編含めて、今まで聞いた状況――。満足に眠れないなど、ホルモン的な変化があると、やはり精神的にもかなり変わってきますよね…?当たり前ながら…!

池本さん:「妊娠中はプロゲステロンの分泌が盛んなので、あくまでも個人差はありますが、月経前のイライラ期のような状態が起きやすいと言えますね。怒りっぽくなる、些細なことで悲しくなる、鬱っぽくなりやすかったりします。また、赤ちゃんを守ろうと動物的な本能が働きますので、神経質になり、今までは許せていた事が許せなくなったりもします

― 本能がそうさせる部分もあるんですね。勉強になるな。

池本さん:「また、日に日に変わる体の状態についていけなかったり、身体的な不快症状なども加わり、心身ともに常に穏やかではない状態です。多くの女性が妊娠すると赤ちゃん最優先の生活になるため、のんびりと過ごしているように見えたとしても、少なからず自分を犠牲にしているのです

― その中で、旦那である男はどうすれば…!?

池本さん:「旦那さんにできる事は、妊娠を継続しているだけでも大変な状態であることを常に念頭に置き、『大変だね、ゆっくりしてね、大丈夫?ありがとうね』という、優しい言葉がけを忘れずに。また、言葉だけでなく、物理的な負担を軽減してあげることも大事になります。お腹の中にいたとしても生まれてきたとしても、赤ちゃんと一緒にいるという事を男性の立場で例えると、常にあれこれ無茶ぶりばかりする厄介な上司のいる職場に24時間拘束され振り回されているようなものと考えてください

― これもわかりやすいたとえだ…!!

池本さん:「赤ちゃんのお世話に手一杯になり、家事が滞る産後のことも視野に入れて、家事を妊娠中から積極的に引き受け、出来ない家事がない状態にし産後に困らないように練習をしていってください。家に帰ってからの家事は、職場外にいる男性の役割であるぐらいに思っておくと、うまく行くのかもしれませんよ

― きちんと家事やります!

池本さん:「そして、スキンシップを意識的に取ると、幸福ホルモン『オキシトシン』の働きで、心が優しくなる、温かくなるという作用が起き、イライラが和らぎます。一日5分でいいので、むくみやすい手や足をもんであげたり、お腹や腰をさすってあげたりするのは効果的です」

― スキンシップは欠かさないようにします。

池本さん:「妊娠中も産後も夫婦の大きなクライシスです。優しい気持ちで一緒に過ごせるように、行動を変えてくださいね」

― はい!

⑥妊娠中の「外」での性欲発散で気をつけること

― ちなみに、妊娠中にうっかり浮気をしてしまうという話を聞いたりしますが、そのあたり池本さんはどう思われますか?

池本さん:「妊娠している女性の負担を考えると、妊娠中の浮気は論外・・・と一刀両断したくなる気持ちもありますが、妊娠出産適齢期の30代前後は男性にとっても性的な欲求が高い時期。妊娠によりなかなか性欲が満たせない状況というのは、男性にとってとてもつらいものであることは理解できます」

― なるほど。。

池本さん:「特に男性は、風俗利用なども気軽にできる環境にあるために、浮気とはいかなくても外で欲求を満たすことはあるのかもしれません。その際はどうか、性感染症予防には慎重になってください。妊婦が感染すると、胎児に悪影響を及ぼすものや、出産間際に発覚したら赤ちゃんに感染させてしまう恐れがあり経膣分娩できずに帝王切開せざるを得ない性病などもあります

― 性感染症によって、子どもにも影響が出てしまうんですよね…。

池本さん:「本番行為はしていなくても、素股などによる性器粘膜接触や、キス、フェラチオでも性感染症のリスクはあります。コンドームを徹底する、他との性交渉後少なくとも7~10日間は妊婦との性交渉はしない、自分の体に関心を持ち異常の早期発見と検査治療を確実にするなど配慮してください

― これは絶対ですね。オトコの皆さん、心に刻み込みしょう。

池本さん:「でも、そもそも論にはなりますが、浮気というのは、奥様を確実に幸せにできている人が余力があってできるものでしかないと思っておりますけどね」

⑦浮気というのは、奥様を確実に幸せにできている人が余力があってできるものでしかない

前編と後編に渡ってお聞きしてきた、「オトコが知っておくべき妊娠中のこと」
もう完全に全て頭に叩き込むべきです。最近は、「出産の痛みを体験できる」というようなアトラクションもあるようですが、これまでお話を聞いてきて、それは本質的なものとは少し離れているような気がします。

きちんと奥さんの状況を理解し、そばでしっかりと支えること。妊娠中に、オトコにはこれしかできないからです。

全ての旦那さんたち、がんばりましょう…!!