【重要なのはコミュニケーション】セックスレスの原因と対策を女性195人に聞いてみた

日本人のセックス頻度は世界の中では少ないといわれています。実際、様々な調査でもそのような結果が出ており、性生活の満足度でも世界の中では下位をウロウロ…。

特に、長く付き合っているカップルや結婚した夫婦では「もう数カ月もセックスをしていない」という人もおり、これは非常に深刻な問題です。

そこで今回、29歳〜39歳の女性195人に「セックスレスになってしまった原因」と、「どのようにしてセックスレスを克服したか(克服した方にのみ)」をお聞きしました。

お悩みの方も、そうでない人も女性の気持ちを知ることは大切です。

※調査方法:インターネットリサーチ、調査会社:株式会社テスティー

セックスレスになってしまったことのある女性は56.4%もいる!

まず最初にお聞きした質問は、「現在のパートナー(彼氏や旦那さん)、または過去のパートナーとセックスレスになってしまった経験はありますか?」というもの。

standsexless001

その結果、半数以上の56.4%の女性がセックスレスになってしまった経験があるとの回答でした。
なんということでしょうか…195人中2人に1人がセックスレスになったことがあるのです。これは、日本男児たるもの、もっとしっかりしなければなりません。

では、どのような原因でセックスレスになってしまったのでしょうか。
経験ありと答えた110人の方にお聞きすると…

sekksuu

このような結果になりました。最も多いのは、「子供が生まれたから」という理由。やはり、育児などによってセックスのタイミングをはかることなどが難しくなることもあり、機会が減ったあげくセックスレスになってしまうみたいです。

その次が「その他」、三番目が「相手に性的興奮を感じなくなった」という理由です。女性から性的興奮を感じてもらえなくなってしまうのは、オトコとして悲しい以外の何物でもありません…。以降は、「セックスがマンネリ化してしまった」という理由が続きます。

これら2つの理由は、オトコとして自分を磨く、そしてセックスの方法にバリエーションをつけるという「オトコの努力」次第で解決に導くことができそう
一方で、「仕事が忙しく生活時間が合わない」というのは、社会的な問題でもあります。とはいえ、オトコは時間を作るもの。

このような理由のある程度は、「オトコの努力」でなんとかできることもありそうです。

なお、1人だけいらっしゃる「相手がEDになったから」というのは、すぐに解決できます。真っ先にEDクリニックにいきましょう。全く怖い場所ではありません。公式キャラクターの「STANDマン」が実証済みです

そもそも女性はセックスレスをどう思っているの?

shutterstock_163086161

これまでは、セックスレスの原因を聞いてきましたが、そもそも女性たちはセックスレスを悪影響だと感じているのでしょうか
まず最初に、悪影響だと思う女性の意見を見ていきましょう。

いくら心で繋がっているといっても行動に現れないと不安になる。 29歳
セックスは、彼氏または旦那と肌と肌を直接触れあえる数少ない機会だから。 好きな人の肌の温もりを、直接感じられる事により安心感や愛情などを与えてもらえる、もしくは相手に与えるから。29歳
愛情表現の1つだと思うのでなくなってしまうと寂しかったり浮気を疑ったりしてしまうから。 31歳
結婚して親になっても、男と女。それを忘れないようにする為にもセックスは必要。30歳
・触れられない期間が長くなると、女性として見られていないのかなとか色々考えてしまい、すべてネガティブになってしまう。32歳
・相手に不信感(浮気)を感じると思うし、哀しくなりそう。パートナーとして欠損した気分になりそう。34歳

悪影響だと感じる女性達からはこのような意見が多く挙がっていました。やはり、身体の関係がないと同時に心も離れていってしまうということを強く感じているようです。

一方で、悪影響だと思わない派の意見としては

・一概に悪影響とはいえないと思う 理由あってのことだと思うので、そこをきちんと話し合えれば、大きな影響はないのではないかと思う。 33歳
・世間ではわかりませんが、私達には悪影響はないと思う。 毎日楽しいし、一緒に遊んでる時間はたくさんあり、とても大切にされている実感があるので、レスかどうかなんて関係ないです。 31歳

というもの。
ここで共通していることとしては、やはりコミュニケーション量によって、女性の感じ方が違うということです。例え、セックスをしていなくても「話し合い」や「一緒に遊ぶ」といった時間があり、なおかつ「大切にされている」実感があれば、セックスレスでも問題ないとのこと。

なお、他に多かった意見としては、「お互いに求めていないのであれば悪影響がないけど、どちらか片方が求めているのにセックスレスなのは悪影響だと思う」ということでした。

最終的には、圧倒的に「セックスレスは悪影響である」という意見が多い結果となりました。

セックスレス解消の鍵は「コミュニケーション」である

shutterstock_353515541

最後に、セックスレスを克服したことがある方達に、「どのようにして克服をしたのか」という質問をしました。

・コミュニケーションを取ることと、お互いに自分本意ではなく相手に対する思いやりをもっていればセックスレスにはならないと思う。 38歳
・一人の時間を満喫して、二人で共通の楽しみを味わう。 38歳
最低でも月1、夜に夫婦の時間をつくって次の日の朝相手に家事育児のフォローをしてもらう。 32歳
・甘え下手だったので、甘える努力をした。 32歳
ふたりでエロビをみて興奮するようにした。 30歳
・話し合い。曜日を決める。 29歳
2人の時間をつくり、ちゃんと相手への気持ちを口にした。 33歳

その結果、やはりきちんと2人の時間を作ることやコミュニケーションを取るということがセックスレスの克服につながっている様子です

セックスレスに至るまでの過程は人それぞれであり、きっかけも様々。しかし、全ての女性の意見に共通して言えることは「パートナーに大事にされている感覚があるか」、そして「コミュニケーション(会話のみならず、スキンシップやボディタッチなど)」を取っていれば不満はあまりないということ。

そして、そのコミュニケーションがセックスレスを克服する鍵にもなるということです。

オトコたるもの、例え仕事で疲れていたとしてもパートナーとのコミュニケーションを取り、女性を大切にする。夫婦間なら、なおさらです。

女性は敏感な生き物。少しの変化でも見透かされてしまいます。だからこそ、今回の意見をもとに、パートナーとの関係性から考えてみるのはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です