ネットでの出会いで結婚する人も?経験者たちに、メリット・デメリットを聞いてみた

彼女が欲しいけど出会いがない…

こんな悩みを抱えている方、多いのではないでしょうか。

ひと昔前なら、職場や友人同士の集まり、コンパやイベントなど、リアルでの出会いの場がないと女性と出会うことは難しいことでした。しかし、インターネットやスマホが普及した今、出会いの場はリアルだけではありません

今回は、ネットで出会って付き合ったことがあるという男女5人に、その馴れ初めメリット・デメリットをお聞きしました。

「アプリやSNSでの出会いって実際どうなの?」「ネットでの出会いって裏がありそう…。」と思っている方は、ぜひ読んでみてください。

Twitterで出会った彼女と趣味が合う!25歳、K太さんの場合

まずはTwitterで出会った彼女と現在も交際中であるという、25歳会社員K太さんのお話。


ーKさんは現在もTwitterで出会った彼女とお付き合いをされているとのことですが、馴れ初めをお聞きしてもよろしいですか?


「はい。私の趣味はゲームなのですが、よくゲームに関連した内容のツイートをTwitterに投稿していました。
また、YouTubeに自分のゲーム動画を投稿したりもしていたのですが、その際に動画の説明欄にTwitterのURLを貼っていました。

するとその動画を見た現在の彼女が私に興味を持ってくれて、Twitter上で私をフォローしてくれたんです。」


ー最初は出会い目的でなく、ただ単に自分の趣味を発信していただけなんですね。


「そうですね。しかし、フォローがきっかけでTwitterでコミュニケーションを取るようになりました。

そこで話が合ったので、LINEに移行してほぼ毎日のようにやりとりをするようになったんです。」


ーすごく自然に距離が縮まって行ったんですね!
初めてTwitterでやりとりを始めてからリアルの場で実際に会うまで、また、実際に会ってから付き合うまではどのくらいの期間がかかったんですか?


「Twitterで初めて会ってから実際に会うまでは3ヶ月くらい。実際に会ってから付き合うまでは半年くらいですかね。
ちなみに、今は付き合って1年半くらいです。」


ーネットで出会うと付き合うまでの期間が短いイメージでしたが、合計9ヶ月くらいの期間を経ているんですね。
Twitterでの出会いのメリットはありますか?


実際に会う前に、より相手を深く知ることができる点だと思います。良くも悪くも顔の見えないTwitterだと、本心で話しやすいんですよ。
よくお互いの事を知った上で付き合うことができるので、より深く関係を深めることができると思います。

また、Twitterだと趣味が合う人と出会いやすいのも大きなメリットですね。
私の場合もゲームという共通の趣味があったので、付き合ってからも共通の趣味を通じて関係を深くすることができました。」


ーなるほど。Twitterでの出会いだと、お互いの趣味や性格をある程度知ってから実際に会うことができるんですね。付き合ってからのミスマッチも少なそうです。

反対に、デメリットはありますか?


「人によっては、付き合ってみるとギャップがあるという点です。Twitterを介した会話の場合は本心で話しやすいという良い面がある一方で嘘を付きやすいという悪い面もあります。

通常の恋愛とは違い、実際に会ってみると思っていた人と違っていてお互いに印象が悪くなるなんてことも十分にあり得ます。また、100%絶対に安全とは言い切れないという点もデメリットの1つなのではないでしょうか。」

Twitterでの出会いは、相手の趣味や性格を事前に深く知ることができるというメリットある反面、相手が嘘をついていても見抜きにくいというデメリットもあります。

実際に会ってみて、Twitterでのやり取りと遥かにイメージが異なる人だった場合は、やめた方が良いかもしれません。また、K太さんの言うように100%安全ではないため、リアルで深く知るまでは注意が必要です。

ツイートを通じて、付き合う前から彼の人となりが分かった。37歳、R子さんの場合

お次もTwitterで出会った男性と交際中だという、37歳自営業R子さんにお話を聞きました。


ー現在の彼氏との、出会いのエピソードを教えてください。


好きなオンラインゲームが共通していて、相手の男性が私のTwitterのアカウントをフォローしてきたことが仲良くなったきっかけです。」


ーオンラインゲームという共通の趣味があったんですね。
そこから、実際に会うまではどのくらいの期間があったんですか?


3ヶ月くらいですかね。初めてリアルで会ってから、半年くらいで付き合いました。
今は付き合い始めて1年くらいです。」


ーやはり、トータルで見ると出会ってから付き合うまで、9ヶ月くらいの期間があったんですね。
Twitterでの出会いのメリットはありますか?


同じ趣味の仲間を探しやすいのが一番のメリットだと思います。呟きを見ているとある程度人となりを知ることができますし、Twitter上のやり取りも趣味が共通していることから、話題が盛り上がりやすかったと感じます。

顔が見えない相手なので最初に遠慮なく距離を近づけやすく、実際に会っても昔からの知り合いのように親しく接することができました。」


ー出会う時点で共通に趣味があると仲良くなりやすいですよね。
逆に、デメリットはありますか?


「無遠慮に馴れ馴れしくしてくる、出会い目的の人がいるのも事実です。Twitter上と実際とでは印象が全く異なる人もいます。

面倒臭い異性に捕まると鬱陶しいのですが、個人情報を晒していなければすぐに繋がりを切れるところは便利だと思います。」

K太さんと同じように、Twitter上とリアルとでは全く異なる人がいるというR子さん。
自分の個人情報は信用できるまで晒さず、面倒な相手と関わってしまったらすぐに切るということを徹底した方が良さそうです。

Facebookで共通の趣味を持つ女性と交際経験アリ!39歳、G太郎さんの場合

39歳WebライターG太郎さんは、Facebookで出会った女性と交際経験があるとのこと。


ー元カノとの馴れ初めをお聞きしてもよろしいですか?


「元々Facebook上で同じ趣味のグループに入っていて、その中で趣味について頻繁にグループ上でチャットをするようになり、お互いに友達登録をしました。

友達登録をしてからは個人メッセージを通じてプライベートなやり取りを行うようになり、メールアドレスを交換し、実際に会うようになったんです。」


ーFacebookで、そんな出会い方があるんですね。
Facebookで知り合ってから実際に会うまでの期間、また、実際に会ってから付き合うまでの期間、さらに付き合った期間を教えてください。


「Facebookで知り合ってから3ヶ月くらいで実際に会い、実際に会ってからは3ヶ月くらいで付き合いました。

付き合った期間は3年間くらいです。結構長いですよね(笑)。」


ーえ、長いですね!
別れのきっかけは何だったんですか?


「付き合ってからも、私はFacebookを通じて他の人と趣味についてのやり取りをしていたんですが、彼女に浮気を疑われてしまい、結果的に別れてしまいました。

Facebookでの出会いのデメリットとしては、お互いのFacebook上での行動が筒抜けになってしまうところですかね。交際相手がいるときはFacebook上でのやり取りは同性のみにした方が良いかも。でないと、あらぬ疑いをかけられます。」


ー確かに…。
元々リアルで出会った相手のFacebookはそこまで見る機会がありませんが、Facebookで出会い、同じコミュニティに入っていたら相手の行動が分かってしまいますね…。


「そうなんです。実際に、FacebookなどのSNSでは誘惑も多いので、彼女が自分に飽きたら他の男性に心変わりできる環境が身近にあるということも忘れてはなりません。

ですが、気軽に出会えるツールとしては、これ以上のものはないと思いますので、私個人はFacebookで恋愛をしてすごく良かったと思っています。」


ー最終的には良かったと思っているんですね。
他に、Facebookでの出会いのメリット・デメリットはありますか?


趣味が同じ人と簡単に知り合えるのはメリットだと思います。

特に大人になると色々な付き合いは会社だけになってしまい、趣味の仲間が出来にくくなってしまうので。まず”共通点のある人“を探す意味でも、Facebookを使って知り合うのはかなりのメリットがあると思います。」

実際に、職場や地元には共通の趣味を持った異性がいなかったというG太郎さん。そういった背景もあり、Facebookでの出会いは良かったと感じているようです。

しかし、お互いがFacebookを頻繁に使っていると、Facebook上での異性とのやり取りがトラブルの元になってしまいます。充分に気をつけましょう。

オンラインゲームのギルドマスターと結婚!36歳、Y美さんの場合

次にお話を聞いたのは、オンラインゲームで出会った男性と結婚したという、36歳主婦Y美さん


ーオンラインゲームで出会った男性と結婚されたということですが、馴れ初めをお聞きしても良いですか?


「オンラインゲームで音楽のギルドに所属したのですが、相手はそこのギルドマスターでした。

毎日一緒に冒険をしていたので、仲間でオフ会をしようということになり、携帯の電話番号を交換したのがリアルで会うきっかけです。」


ーギルドだと、初めの出会いが1対1ではなく、仲間がたくさんいるというのが良いですね。
ギルドで出会ってから実際に会うまで、そして実際に会ってから交際するまではどれくらいの期間がかかったんですか?


「初めて会うまでは半年くらい、会ってから付き合うまでは2ヶ月くらいです。」


ー初めて会うまでの方が長かったんですね。
オンラインゲームでの出会いのメリット・デメリットはありますか?


「メリットは、見た目から入らずにすむことです。私は容姿に自信がないので、リアルでの出会いは苦手でした。
でもオンラインなら顔が分からないので、積極的に仲良くなることができたんです。

デメリットは遠距離恋愛になりやすいことですかね。私の場合は結婚しましたが、遠距離に耐え切れずに早い段階で別れてしまうカップルもいると思います。」

確かに、ネット上での出会いだと、住んでいる地域に注目するのは後回しになってしまいがち。
実際に付き合ってから遠距離の辛さに直面することも多いでしょう。しかし、遠距離の問題を解決するために結婚に踏み切るケースもあるので、一概にデメリットとも言えなそうです。

出会い系アプリで出会った女子大生と交際中!31歳、T助さんの場合

最後では出会い系アプリで出会った女子大生と交際中だという、31歳自営業T助さん


ー女子大生と付き合っているとのことですが、馴れ初めを教えてください。

出会い系アプリを使っていて、単純に顔がかわいいなと思い、私からメッセージしました。

相手は大学生ですが、話してみると趣味が変わっていて、それが私と同じで話が合い、打ち解けるまでは早かったです。そこからは割と自然な感じで進みました。」


ー出会い系アプリだと、予め顔が分かる場合も多いですもんね。
外見から興味を持って、趣味も同じだとテンションが上がりますね!

「そこからアプリ上でのやり取りを1ヶ月くらい続け、初めて会った時に私から告白して付き合いました。」


ーは、早い!(笑)
現在も交際中なんですよね?

アプリでの出会いのメリットはありますか?


「はい(笑)。現在交際して3ヶ月くらいです。

リアルで知り合う人はどうしても、年齢やスペックなど、自分と似た人が多いと思いますが、アプリだと普段出会わないような人に出会える、それによって世界が広がる、これはメリットだと思います。」


ー確かに、社会人となると職場や学生時代の友人など、同じ世代や同じスペックの人しか出会えないですよね。
特に、女子大生はレアです(笑)。

逆に、アプリでの出会いのデメリットはありますか?


アプリ上で自分の良い面をアピールできないと、相手に伝わらず良い出会いに繋がらないということです。これはデメリットだと思います。」

自分を良く見せようと嘘をつくのはいけませんが、あまり謙遜しすぎるとその時点で「実際に会ってみたい」と思ってもらえなくなってしまいます。程よいアピールで「実際に会ってみたい」と思わせるのは、それなりのスキルが必要かもしれません。

ネットでの出会いを選択肢に入れたら、出会える人は無数に増える

経験者たちに話を聞いてみると、それぞれのメリット・デメリットはあるものの、後悔している方はいないようです。中には結婚した人もいて、ネットがあったからこそ、生涯のパートナーに出会えたというケースも存在しています。

リアルに比べ、出会える人の数が圧倒的に多いインターネット。
ネットでの出会いに抵抗があるという方も、実際に出会ってみたら、リアルでは出会えなかったような、ニッチな趣味が合う人年齢やスペックが全く違う人と出会えるかもしれません。

リアルで会った時の印象の違い、SNSだからこその浮気など、様々なトラブルに気をつけながら、ネットでの出会いを視野に入れてみてはいかがでしょうか。