ゴールドフィンガーは実現不可!?ただのOLがAV男優・森林原人氏に聞く、正しい前戯・挿入方法

初めまして、こんにちは。
私すたん子(仮名)と申します。世の人々の性に関する悩みに敏感な私、すたん子ですが、最近特に思うところがあります。
それは、

パートナーとのセックスに満足できてない人多くない?

ということ。主に雑誌やAVからセックスの仕方を学ぶ男性が多い一方、それをぶっちゃけ気持ち良くないと思っている女性が多いように感じます。では、正しいセックスの方法は誰に教わればいいのでしょうか?

という訳で今回は、経験人数8000人超えのセックスのプロ、森林原人氏正しい前戯・挿入の方法をお聞きしました。全ての男性に捧ぐセックスバイブルを是非ご覧ください。

登場人物

森林原人/1979年生。筑波大学附属駒場中学校・高等学校出身。
中学校受験時ラサール・麻布・栄光に合格しており、偏差値78のただの秀才だった。
しかし、中・高と全く勉強しなかったため高校卒業後は1年浪人し、専修大学文学部心理学科に進学。大学でなかなか自分の居場所を見つけられず、以前から興味があった汁男優に応募。そこで素人とは思えない射精のコントロールなどを発揮し、周囲から求められる存在に。その後AV男優一筋の人生を歩み始め、経験人数は8000人を超えている。
正しいセックスの仕方、性感性症の予防などの啓蒙活動も行っており、著書に『偏差値78のAV男優が考える セックス幸福論』(講談社文庫/2016年)などがある。

すたん子(仮名)/アラサー
都内で働くただのOL。一般人よりもちょっとだけ、世間の人々の性の悩みに敏感。

前戯で押さえるべきは三大性感帯と、”遠くから近く”、”弱から強”の法則

画像:偏差値78のAV男優・森林原人氏と見切れたすたん子(仮)

画像:偏差値78のAV男優・森林原人氏と見切れたすたん子(仮)

セックスと言えば、挿入前に前戯をするという方が多いのではないでしょうか。この前戯のやり方を間違えてしまうと女性は濡れません。
まずは正しい前戯の方法をお聞きしましょう。

「僕が考える前戯の法則というものがあって、そこで重要なのが三大性感帯の攻め方です。
ここで言う三大性感帯とは乳首・クリトリス・膣のことです。
この3つ全てに対して 遠くから近く弱から強の法則で攻めるんです。」


「…と、言いますと?」

「例えば、乳首で言えばまずは胸の周りから攻めていきます。乳輪に近づけながら相手の反応を見て、どこが一番気持ち良いかを見るんです。
乳首に辿り着いたとしても、そこで弱から攻めていく。だんだん触り方を強くしていき、どれくらいの刺激の強さが一番気持ち良いのか反応を伺います。良い強さを見つけたら、そこで一定の強さ一定のリズムのまま攻め続けるんです。」


「なるほど!そうすれば初めてセックスする相手でも、自然な流れのまま相手の感じるポイント、強さを探ることができますね。」

「そうなんです、前戯で大切なのはリズム、強さ、攻め方。そのポイントさえ外さなければ大体、失敗はしない。
最初から”ここが気持ちいいんでしょ?”というスタンスで自分がベストだと思う前戯を押し付けてしまうと大火傷する可能性があるんですよ…。セックス中の大火傷は本当に怖い…。」


「(な、何か苦い思い出があるのかしら…。)」

セックスのマニュアル本などを読むととにかく色々なことが書いてあり、何を参考にすればいいのか混乱してしまう方も多いでしょう。そんな方は森林氏の言う通り”三大性感帯を抑えること“そして”遠くから近く、弱から強の法則“を試してみてください。
稀に乳首が苦手、クリトリスが苦手という方もいるかもしれませんが、この法則を使えばまず失敗はしないでしょう。

ゴールドフィンガーは素人には無理!?Gスポットを刺激するときは、指を曲げずに真っ直ぐと!?

さて、前戯で押さえておきたい法則は分かりましたが、他に工夫することはないのでしょうか。


「三大性感帯の中でも多くの女性が最も感じる部分がクリトリスです。
クリトリスっていうのは豆じゃないんですよ。


「え、豆じゃないんですか!?」

長さがあるんです。先っちょがちょっと丸っこくて、その先が5,6cm膣の中に埋まっています。で、このクリトリスの根っこがいわゆるGスポットと呼ばれる部分です。」


「えー!!!Gスポットって、そういうスポットがあるんだと思ってました!膣の中に。」

「そう思われている方は多いですよね。Gスポットっていうのは膣の中にいきなり点がある訳じゃないんです。
僕も何千人と経験していますが、Gスポットを膣の中にある点だと思うと見つけられません。でも、クリトリスに長さがあって、その根っこがGスポットなんだと思ったら面で攻めることができるんですよ。」

「面でこすれば、指のどこかがGスポットに当たるので、外さないんです。このやり方だと、Gスポットを攻めるというのは、クリトリスの外側(膣外に出ている部分)を刺激しているか、内側(膣の中に入っている部分)を刺激しているかの違いでしかないんです。」


「じゃ、じゃあ、加藤鷹さんのゴールドフィンガーはどういうことなんですか…?」

「あれは、鷹さんがGスポットの場所を分かる人だからできるんです。指を立てても的確にGスポットを押すことができます。
稀に分かる人がいるんですよ。でも、100人ぐらいいる男優の中でも分かる人は2〜3%じゃないですかね。経験豊富な男優でもそれくらいなので、一般の男性で考えると1000人に1人いるかいないかとかそういうレベルです。」


「そんなに少ないんですか!じゃあ一般男性が見よう見まねでゴールドフィンガーをしているのは…。」

女性からしたら痛いでしょうね。Gスポットを的確に押せていればいいのですが、ほとんどの場合違う部分を押してしまっていますから…。
また、指を真っ直ぐにして、Gスポットを面でこすってあげると圧が柔らかくなるので刺激が分散され、クリトリスへの負担も軽くなります。クリトリスを舐めながら面でGスポットを攻めると、女性は気持ち良くなりやすく、痛くなりにくいです。」


「手マンが痛いという女性の悩みの多くは、ここからきてるのかもしれないですね…。」

ゴールドフィンガーとまではいかなくても、それらしい指の動きをしたことがある男性、多いのではないでしょうか。あなたが1000人に1人の逸材でない限り、その指の先はGスポットにあたっていません
クリトリスは豆ではなく長さがあること、また、指を伸ばして面でさすれば指のどこかはGスポットに当たることを頭に入れておき、優しく痛くない前戯を心がけましょう。

ガバマンなんて存在しない!ゆるいと思ったら、自分のセックスが下手だという証拠…!?

画像:偏差値78のAV男優・森林原人氏

前戯が終わればいよいよ挿入。


「挿入の際、何か気をつけることはありますか?」

膣は筋肉で出来ているので、”馴染む“という感覚を掴むことです。
膣は、指を1本入れても2本入れても、その太さや形に合わせて馴染むんですよ。なので、馴染んでない内に動かすと突っかかるというか…。」


「膣って筋肉なんですね!?具体的にどうやって馴染ませていけばいいんでしょう?」

「ちょっと挿れたらしばらくそのまま動かずに馴染ませる、大丈夫になったらもっと挿れる、で、さらに馴染んだら動かすって感じです。
この馴染ませるがあるかないかでその後が全然違ってくるんです。だから男優は挿れてすぐ動かさない。すぐ動かす男優は下手くそな男優です。10秒〜30秒は動かないですね。これは、指でもちんちんでも一緒です。」


「そうなんですね。AVをよく観る人は演出だけじゃなくてそういった点にも注目したいですね。」

「そうですね、次回AVを観る時に注目してみてください。
膣はすごい優秀なんですよ。感じれば締まるし、感じてない時はぽっかーんって開く
だから、いわゆるガバマンゆるマンみたいなことを言う男の人がいますが、女性の膣がゆるかったじゃなくて、あんたが下手だったんだよってことなんです。」


「ガバマンなんていないんですか。
…じゃあ、巨根の人とばかりしていると穴が大きくなるというのは都市伝説なんですか?」


「感じていれば、小さいのを入れても膣はそれに沿うはずです。
以前、チョコボール向井さんという男優さんがを入れた後の膣に僕がちんちんを挿入したんですが…締まったんですよ。」


「(具体例がすごくリアル…!)」

「チョコボール向井さんが、女優さんの膣に拳を入れて”森林君、今中がどうなってるか分かる〜?“って聞いてきたんですが、そんなの分かんないですよね。見えないし。
そしたら言うんですよ、“チョキにしてるんだよ〜!!!”って。」


…え?

「それで”じゃあ、森林君挿れてごらん!“って言われたんですけど、僕のちんちん、チョキの形じゃないから大丈夫かなぁって…。でも、挿れてみたらちゃんと女優さんが僕のちんちんを感じてくれて、ちんちんの大きさに合わせて締まったんですよ。膣って優秀なんですよ。」


「いや本当、膣ってすごいんですね。
そうなってくると、体の相性が良い悪いっていうのは何なんでしょうか?」

「もちろん、ちんちんに様々な形・大きさがあるように女性の膣もバネっぽい人、スポンジっぽい人、色々な感触の人がいます。そういった点で好みの感触とかはあるでしょうね。
でも、基本的には感じれば締まるようにできてるんですよ。」


「なるほど。
女性側からしても、好みのちんちんの太さとか長さがあるでしょうしね。」

基本的に感じて締まらない膣はないとのこと。しっかりと自分のモノを感じてもらえるよう、挿入は少しずつ、そして最初の数十秒は動かさずに馴染ませることを意識しましょう。
今までのセックスで「あれ、この子ガバマン…?」と感じたことがある方、要注意です。今後間違っても締まらなかった膣をガバマンと言うのはやめましょう。

お腹側を擦るイメージで動け!?ポルチオ攻めは至難の技!?挿入後、攻め方のアレコレ

しっかりと膣に馴染ませて挿入した後は、どんな攻め方をすれば良いのでしょうか。
森林さんに聞いてみましょう。

「基本的には膣の性感帯っていうのはお腹側にあるんです。なので、お腹側を擦るようなイメージで攻めると女性が感じやすいです。
正常位でも体を反った方がちんちんが上側に来てお腹側を擦りやすいですね。あと、女の人のお尻の下に枕を置いたり、腰を浮かせたりしてもいいと思います。」


「お腹側を擦るイメージ…なかなか意識してる男性は少なそうですね。目からウロコ。」


「これを実現するには、自分のちんちんの形状を知っておくことが大切です。
右曲がりの人だったら横になって攻めた方がいいとか、下向きの人はバックで普通にやった方がお腹側が擦れるとか。」


「自分のちんちんの形を知っておくと得意な体位が変わるということですね。ふむふむ。
たまに、”奥が気持ちいい“という女性がいますが、これはお腹側を擦るのとは別の話ですか?」

「奥が気持ち良いというのはポルチオ攻めのことですね。ポルチオというのは子宮口、子宮の入り口のことなんですが、ここが感じているわけじゃないんですよ。
ポルチオを刺激することで子宮全体が、正確に言うと子宮の周りにある末梢神経が感じているんです。


「えー!!!完全に子宮口が感じてると思ってました…。
感じていたのは抹消神経だったんですね!」

「そうです。ポルチオ攻めが気持ち良いという人は子宮の周りが気持ち良いという人であって、そうなると膣の中から刺激しなくても、お腹から子宮全体を揺らせればコレだけでイけるんです。
ただ、奥が気持ちよくなるには年齢が、経験が必要なんですよ。経産婦の方は大体奥大丈夫だと思います。どちらにせよ女性側のトレーニング…開発が必要になってくるんですけどね。」


「そうなんですね。いずれにせよ最初は気持ち良くない女性が多いということですね。」


「だからいきなり奥を攻めるというのはやはりリスクが高い。まずは、お腹側を擦ることを確実にやっていった方がいいと思います。」

自分のモノの形状を知った上でお腹側を擦る。まずはこれを意識するだけで、女性の感じ方が大きく変わってくるでしょう。
経験のある夫婦の方や、付き合って長いカップルさんはポルチオ攻めに挑戦してみても良いかもしれません。しかし、初めから気持ち良いということはあまりないそうなので、お互いそれを理解した上でトレーニングに励んでみてください。

体位を変える時は極力抜くな!女性の快感を止めない、挿入後、攻め方アレコレ

画像:偏差値78のAV男優・森林原人氏と見切れたすたん子(仮)

女性に”奥が気持ち良い”と言わせるのは至難の技だということが分かった先ほどのお話。
他にも挿入中に気をつけることがあれば教えていただきましょう。

「ロングセックスで何回か体位を変える場合、その度に抜く人が多いと思うんですが、そうすると抜く度に女性の快感の波が途絶えてしまうのでやめた方がいいです。
なので、いかに抜かずに体位を変えるかを考えた方がいい。」


「…と、言いますと?」


正常位から騎乗位っていうのは抜かないでできますよね。
でも、正常位からバックだと1回抜かないといけない。そういう時は、正常位から側位を挟んで、なるべく抜かずに次の体位に持っていくんです。」


「セックスって割と頭使いますね。」


「そうなんですよ。
あと、騎乗位の時のおすすめの動かし方は、ピストンじゃなくてスライド式です。」

「ピストンのように上下に出し挿れするんじゃなくて、スライド式は挿れたまんま、前後に振るんです。
これ、男の人は慣れてないとあんまり気持ち良くないんですが、女の人は相当気持ち良いんですよ。」


「じゃあ、早漏に悩む男の人はスライド式にした方が長持ちしたりするんですか?」

「オナニーの仕方にもよりますが、上下にしごくオナニーをしている人はスライド式の刺激を気持ち良いと思わないので、イけないと思います。
まぁスライド式に慣れちゃうと気持ち良いんですけどね…男性も。」


「上手いことピストンとスライド式を組み合わせれば、早漏の人も挿入時間を延ばすことができそうですね。
スライド式は女性も気持ち良いとのことなので、2人ともハッピーになれますね!」

ロングプレイの時はなるべく抜かずに体位を変えること、騎乗位の時はピストン運動だけでなくスライド式にも挑戦してみること。この2つも挿入時の豆知識として覚えておきましょう。

セックスをする男全員に伝えたい!森林氏から学ぶ10の教訓

目からウロコが何枚落ちた分からないほど、為になる知識しかなかった森林氏のお話。
最後にざっくりまとめてみると

【前戯編】
◆三大性感帯、乳首・クリトリス・膣を押さえろ!
◆三大性感帯を攻める時は、遠くから近く、弱から強の法則を使え!
◆クリトリスは豆じゃない!長さがあるんだ!
◆クリトリスの根っこ、Gスポットを攻める時はゴールドフィンガーではなく真っ直ぐの指で擦るべし!

【挿入編】
◇膣は筋肉で出来ている。指も息子もまずは膣に馴染ませろ!
◇ガバマンと言う前に、自分が下手だったと恥じろ!
◇挿入中はお腹の内側を擦るイメージで攻めろ!
◇”奥が気持ち良い”と言わせるのは至難の技。諦めてもよし。
◇体位を変える時は挿入したまま動くべし!
◇騎乗位の時はピストン運動だけでなくスライド式運動を。

こうなりました。
雑誌やAVを見よう見まねでセックスしていたという男性は、これを機に正しい知識を元にセックスを行ってみてください。

セックスはコミュニケーションなので、相手の体、自分の体を理解することでより良いものとなっていきます。

より多くの男性が正しい前戯・挿入を行えば、世の男女の性の不一致、性の悩みが減少していくことでしょう。

おまけ

折角の機会なので、最後に、私すたん子の個人的な疑問もぶつけてみました。

「最後に、ずっと疑問だったことを聞いてもいいですか…?
AV男優さんて、自由自在に射精をコントロールできないといけないと思うんですが、具体的にどんなトレーニングをしてそうなるんですか?」

「基本的に自由自在に射精のコントロールはできません。AV男優というのはかなりの早漏が多いんです。とにかくすぐイける。
ただ、挿入後のペースを調節したり、さっき言ったみたいにスライド式に動いてみたり、あとは申し訳ないと思いつつどうしようもない時は挿入してから1回抜くこともあります。
ただ、それをイクのを我慢してやっているのだと相手に悟られず、自然な流れで、相手の快感の波を妨げずにやるのが上手いんですよ。」

「射精のタイミングを自由自在に操るプロというよりは、演出のプロなんですね。
相手に悟られずイかない努力をずっとしたとは…。で、イッて良いタイミングで全てを解放するんですね。」

「そうです。だから遅漏の人はAV男優は難しいと思うんですけど、早漏の人は何も問題ありません
早漏とどう付き合っていくか、止める勇気・抜く勇気を持つことが大切です。」

結論:A V 男 優 さ ん た ち は 究 極 の 早 漏 だ っ た

終わり

※STANDでは森林氏にマンネリセックス、セックスレスの解消法もお聞きしています。
気になる方はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です