浮気中に女性が出す兆候は?探偵事務所に浮気調査の方法と見破り方を聞いてみた

パートナーの浮気。していないと信じたくても、ついつい疑ってしまう…なんて男性もいるのではないでしょうか。

とはいえ、「浮気してないよね…?」と聞いて正直に答えてくれる女性はいませんし、直接的に聞くことで険悪なムードになるのも嫌だというのも本音でしょう。

では一体どうしたらいいのか…。その答えは、「それとなく、気づかれないように探ること」です。
そこで今回は、浮気調査を得意とするI・WIN東京探偵事務所の調査員の方に気になる「浮気調査の方法」と「浮気をしている女性の特徴」をお聞きしました。

そもそも探偵事務所の浮気調査って何をするの?

− まずですが、浮気調査の代表的な調査方法ってどのようなことをしているんですか?

探偵さん:「浮気調査の方法は、依頼を受けた後まずデータを調べ、更に調査現場に出向き『事前調査』を徹底的に行います。それらをしっかりと行った上で、調査日には調査員数名が対象者や回りの人達に気づかれないように『街』に溶け込み調査開始場所にて『張り込み』を行います」

− なるほど。1人だけではなくて、数名で行うんですね…!

探偵さん:「そうして、対象者が行動を始めたら、『徒歩』『電車』『自動車』『自転車』『バイク』『タクシー』にて尾行を開始します。調査開始から調査終了まで撮影はフルハイビジョンビデオカメラを使用し動画にて時系列で撮影致します

− フルハイビジョン動画ですか。小さな動きも見逃さないということですね。

探偵さん:「特に対象者が浮気相手と接触してからは、ツーショットの『前から・後ろから』『手を繋いでいるところ』『ショッピング』『食事』『キスシーン』などに加え、ホテルの出入りや可能であればホテルの部屋の出入りまで動画で撮影します。ちなみに、浮気している女性が男性と会う時は、気持ちが浮かれている様子で探偵が尾行していても後ろを振り向いたりすることなく男性と接触します。また接触するとすぐに必ず腕を組んだり手をつないだりするので、その時の写真をしっかりとおさえます。更に別れた後は浮気相手を尾行し自宅を判明させたり、氏名や勤務先、家族構成などを確認します

− 確かに、浮気の証拠を掴んだ後には浮気相手の情報も必要不可欠ですからね。しかしそこまでしっかりとやるんですか…!これは探偵さんを雇われたらおしまいです…!

探偵さん:「ざっと一番多いパターンの流れを言うと下記のような感じですね」

浮気調査内容(一番多いパターン)
➀対象者を自宅や勤務先からキャッチして尾行開始
➁浮気相手との接触を確認し撮影
➂浮気相手とのデート現場や親密度を尾行し撮影
➃浮気相手とのホテルの出入りを尾行し撮影
➄浮気相手との別れるところを撮影
⑥浮気相手の居住先まで尾行し撮影
➆浮気相手の氏名確認もしくは判明

− 浮気はしないことが一番のようだな…。

そんな浮気調査を得意としているI・WINさんが教える「浮気している女性に見られる兆候」とは

− では、ずばり浮気している女性の特徴や兆候ってあるんですか?!

探偵さん:「探偵がこれまで見てきた中で、浮気している女性の特徴で多いのは『男性にのめり込むタイプの女性』です。比較的、男性は『家庭』と『愛人』を別々で考えている人が多いのですが、女性は別々に考えず『彼氏が出来たら旦那は早く排除したい』。すなわち離婚を考えると言う傾向が強いのです」

− 確かに、男性は家庭は家庭と考える人のほうが多い気がします。

探偵さん:「それを踏まえて、浮気している女性には次のような3つの兆候があります。『1,セックスを拒否 2,夫に対して冷たくなった 3,誰かと夫を比較しているような発言をする』。それに加えて外出(PTA、飲み会)が増えたり、スマートフォンをトイレやお風呂に持って行ったりしたら要注意(イエローカード)です

− 飲み会はなんとなくわかりますが、今の時代はやはりスマホがキーになるんですね。

探偵さん:「何と言っても、浮気発覚の一番は『LINE』の着信ですからね。とはいえ、スマホを持ち歩かれると、ふとした着信なども見ることができません。そんな時は、『とても便利なアプリを見つけたのでスマホに僕が入れてあげるよ』と言ってみてください。拒否されたらレッドカード。浮気している可能性がかなり高いと考えてください」

− スマホを触ること自体拒否をすると、レッドカードということですか。まさに現代ならではのメソッドです。

探偵さん:「ちなみに、浮気相手と別れた後には買い物をして帰宅する女性がほとんどです。理由は、『友人とショッピングに行ってきたという理由付け』や『買い物に行ったら友人にばったり会ったので遅くなったという言い訳をするため』ということが考えられます。これも浮気かしているかどうか見分けるポイントにもなりえますよ」

− なるほど。勉強になります…!

もしも探偵を雇われた時…尾行を巻く方法

− 最後自分自身が浮気を疑われて仮に探偵に尾行されている恐れがある時…そんなことはないと願いたいですが…巻く方法とかってあるんですか?

探偵さん:「探偵が尾行できないケースとしては徒歩の場合、『➀時々後ろを振り返りながら歩いて、人気のないところでUターンして歩いて行く。➁タクシーが1台しか待機していない駅でタクシーに乗って次の駅で降りる』という手法があります」

− そもそも「尾行していること」自体をバレてしまったら警戒して浮気を中断する可能性もあるからこそ、探偵側は慎重に行く必要があるんですね。

探偵さん:「そうです。また、車の場合は、『➀見晴らしの良いところで停車する。➁突然のUターンしてみる。➂超スローで走行する。➃渋滞のある道路を走行する。➄住宅街で同じところを3周以上回る』という方法ですね。これも前述したように慎重にしなければならない尾行において、大抵の探偵は断念する場合が多いです。弊社は巻けませんが…」

− I・WINさんに頼まれないことを祈りつつ、もし尾行されている可能性があったら試してみます…!!!

浮気しているかしていないか…真実はいつもひとつ!

男女間のトラブルの中で、最も多いものと言っても過言ではない「浮気」。知らないほうがいいこともありますが、結婚をしていたり、結婚前提にお付き合いをしている場合においては「知らないこと」が今後の人生を大きく変えてしまうこともあるかもしれません。

仮に今回ご紹介した兆候をパートナーに感じているのであれば、勇気を持ってきちんと話し合うことも大切なことでしょう。
しかし、それはどうしてもそれは難しい…と思う方はぜひ探偵に頼んでみるというのもひとつの手です。今回お話を聞いたI・WIN探偵事務所は相談者の男女比7:3という異例の比率だからこそ、男性も気軽に相談できそうです。

最後に、I・WIN代表から男性への言葉をお伝えいたします。

「浮気は『されない事』『しない事』が一番良いです。女性は日常の生活の中で『悩み事』『困り事』を発散できずストレスを溜めている場合が多いんです。そんな時は誰かに話を聞いてもらいたい意識が強くなり相談に乗ってくれる人がいたら・・・からいつのまにか浮気へ発展なんてことも。
なので日ごろから女性の話に耳を傾けるようにしてください。しかしどうしてもパートナーが怪しいと感じたら、パートナーと食事でもしながら、相手を問い詰めるのではなく、それとなく悩みを聞くような感じで話し合う事をお勧めします」

STANDは「夫婦円満」。パートナーに浮気の兆候がないことを祈っています…!!!

I・WIN 東京探偵事務所
パートナーが浮気!?
浮気をやめさせたい!離婚したい!慰謝料がほしい!子供の親権を取りたい!
大切な人が行方不明なので見つけたい、大切な人の行動を調べたい、私、盗聴されているかも?
そのような悩みの時は㈱I・WIN東京探偵事務所にお任せください。
業界22年30,000人以上の相談を受け、60,000件以上の調査を行う調査会社。
調査力とカウンセリング力と作戦力を強みとしており、相談者の多くが男性で男女比率は7:3で探偵業界でも異例。
離婚問題に強い弁護士と提携し面倒な弁護士選びが不要、ワンストップで調査から問題解決まで可能です。
開業以来、離婚問題や慰謝料問題は全勝中。
最近マスコミで話題の「父親の親権や母親による子供の連れ去り」にも力を入れ実績があり。