オナニーでしか射精できない?そんなことがあるのか専門家に聞いてみた!

ベッドで愛し合う男女(ネガ)

突然ですが、男性の皆さん、セックスをする時にちゃんとイケてますか?

オナニーでは射精できるのに、セックスでは射精までいたらない・・・
実は今このような男性が増えているようです。

もしかしたら同じような悩みを抱えた人がSTAND読者の中にもいるかもしれません。
そこで今回は、ED治療専門の浜松町第一クリニックの先生から、その原因と解決策を聞いてきました。

膣内射精障害って何だ?

落ち込む男性

この「オナニーでしか射精できない」という症状。
それが原因で来院される方が、まだまだ元気なはずの20~30代前半の男性だと言います。

どうやらこの症状は、EDではなく「膣内射精障害」という聞き慣れない症状が原因のようです。

膣内射精障害とは、性行為中の膣刺激による射精が困難になる症状を指します。射精それ自体ができないわけではなく、オナニーでは射精をすることができます。その原因は人それぞれですが、オナニーの方法から、メンタル的な問題までが関係していると考えられています。

射精できないのはオナニーの自由度が原因?

床に寝そべる男性

オナニーだと自分の思い通りにペニスに刺激を与えることができるため、性行為中の膣内の刺激だけではモノ足らなく感じてしまい、射精まで至らなくなってしまうようです。

中には通称「床オナ」と呼ばれる、畳や布団などにペニスをこすりつけてオナニーをする男性もいるそう。そのような強い刺激に慣れてしまうと、性行為の刺激では感じなくなくなってしまうのも納得です。

またオナニーをする時に、AVを見るという男性も多いかと思いますが、実はAVもオナニーでしか射精できない一因かもしれません。

最近ではさまざまなジャンルのAVが出されていて、その中にはあまりにも現実離れした刺激の強い内容のものも見受けられます。

そうした非現実的なバーチャルなものを見ながらオナニーをしていると、当然ながら通常の性行為では思ったような興奮を得ることができなくなります。

頭を抱える男性

続いてメンタル的な要因についてです。
オナニーは基本的に一人でするものなので、パートナーのことは考えずに、全て自分のことをだけを考えて行為に集中することができます。
しかしパートナーがいるセックスだと、「勃起を持続させないと」「射精しないと」「相手は気持ちよくなってくれてるのかな?」などと考えてしまい、焦りやプレッシャーから余計に射精に集中できなくなります。または勃起を維持できなくなる場合もあります。

このように「オナニーでしか射精できない」男性が増えている根本的な背景には、オナニーの自由度が関係しているのかもしれません。

一人でやる分には、どんな刺激を与えてもよし、どんなものをおかずにしてもよし。オナニーは自由度が高いのでいろいろ試してみたくなるのでしょう。快感を求めることは悪いことではありませんが、それが原因で肝心な時に不完全燃焼してしまってはいけません。

自分を律して本来の射精を取り戻す

膣内射精障害を放っておくと、女性とのセックスを100%楽しめないばかりか、結婚して家庭を持ち子供を作ろうとした時にも困難が生じてしまいます。

では、どのようにすれば膣内射精障害を克服することができるのでしょうか。一度膣内射精障害になってしまうと、治すのは難しいと言われています。しかし方法はあります。

オナニーをコントロールする

コスプレ女性

前章でも述べたように、膣内で射精できない大きな原因は、オナニーの強い刺激に慣れてしまって、セックスの刺激ではモノ足りなくなってしまうことにあります。

なので、「床オナ」をやっている人はそれをまずはやめましょう。そして手でやっている人も、あまり強いプレッシャーをペニスにかけるのは控えて下さい。
強い圧力をかけてオナニーをしているうちは、膣圧で射精することは難しいでしょう。

急に普通のオナニーに戻すことは容易ではありますが、オナニーで射精できずに欲求不満状態に陥るのもよくありません。まずは少しずつオナニーの刺激を弱めていきましょう。それを段階的に行うことで、徐々に低刺激での射精に慣れていき、セックスでも射精することができるようになります。

また、アブノーマルなAVに慣れてしまっているせいで、普通のセックスでは興奮できずに射精ができない場合はどうすればよいのでしょうか。

答えは簡単です。それを克服するにはそのようなAVを見るのを控えるほかありません。

「普通のAVを見ながら、普通のオナニーをする」

これが、膣内射精障害を治す一番の近道です。

一度強い刺激に慣れてしまった以上、それを元に戻すのはなかなか難しいかもしれませんが、それしか方法がありません。
パートナーを満足させてあげるためにも、そして自分が満足するためにも、自分の欲求を律して、コントロールする地道な努力が必要となります。

正直に話すことも大事

並んで座る男女

膣内射精障害にはメンタル的な問題が関係している場合もあります。過去の「セックスでイケなかった」「射精できずにパートナーを傷つけてしまった」などの体験がトラウマになって、それがプレッシャーになり射精できない・・・

そのような場合は、正直にパートナーにその旨を話してみるのもいいかもしれません。

正直に告白することで、肩の荷が下り、余計なプレッシャーを感じなくなるかもしれません。そして性行為に集中できるようになるかもしれません。

射精できない状態が続くと、パートナーも「自分に魅力がないのかな」「私のこと本当に好きなのかな」などと不安になることでしょう。

ですので、相手のためにも、そして自分のためにも、抱えている悩みを話してみましょう。

弱みを見せることは恥ずかしいことではありません。パートナーと長く付き合っていくためにも、またお互いをよりよく知るためにも、ざっくばらんに付き合う姿勢が大切です。

長い目を持って克服するべし!

スニーカーを履く男性の足

「オナニーでしか射精できない」

これは何も他人事ではありません。そのような男性が増えている以上、自分もいつかそうなってしまう可能性は大いにあります。そうならないためにも、自分の欲求をコントロールしていくことが大切です。

「射精」は生殖活動においても非常に重要な役割を果たすもの。
目先の快楽に囚われず、長い目を持って、自分自身と付き合っていきましょう!

ベッドで愛し合う男女(ネガ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です