【赤羽】本当に「せんべろ」は可能なの?実際に1000円片手に飲んでみた

こんにちは。浜松一郎です。

DSC_5606 (1)

幽霊居酒屋に行った際、一度ご臨終してしまい、生死の縁をさまよいましたが、見事復活いたしました。

突然ですが、みなさん「せんべろ」という言葉は聞いたことがありますか?

これは、「千円でべろべろに酔える」という意味で、安い居酒屋が多く集まった場所につけられているようです。

興味を持って色々と調べていたところ、どうやらSTANDでも取り上げた赤羽がアツいとの情報をキャッチ。

というわけで、今回は赤羽で千円片手にべろべろに飲めるのか検証してみたいと思います。

ルール

今回のルールとしましては
・お酒の値段だけカウント
・食べ物は基本的にカウントしない

で行います!
異論はあるかもしれません。しかし、千円でべろべろになるにはこうするしかなかったのです。ご了承下さい。

一軒目 桜商店

002

まずはせんべろと言えば立ち飲みだろう。ということでふらふらと赤羽を歩き辿り着いたこちらの桜商店さんへ来ました。

場所はこちら↓

それでは店内へ。
IMG_0819 (1)

一軒目でかなり安い居酒屋を掴んでしまいました。さすがせんべろの聖地、赤羽です。

003

一杯目はビール・・・と行きたい所ですがあくまでも「せんべろ」なので焼酎水割りをいただきます。

006

なぜロックではないかというと、私、一郎は1000円使わずに、べろべろになってしまうからです。
こちらは300円。残り700円です。

他のメニューはと言うと

004

こんな感じの驚きの安さです。選択肢としては日本酒もありえたのですが上記の通り、お酒は弱いので控えました。

2軒目 いこい

IMG_4904 (1)

2軒目も立ち飲み屋へ。
こちらも激安居酒屋として知られているいこいさんです。

場所はこちら↓

ここではせんべろになるために
IMG_4901

日本酒をオーダー。

なんと200円という破格のお値段です。そして、少し肌寒いのでぬる燗をクイッとします。

008

ここで残り金額500円。

正直言うと、もう酔っ払っています。しかし、ギブアップは許されない。

なんせ、STAND読者にはお酒が強い方もいらっしゃるはずです。だからこそ、僕は限界に挑戦するしかない。そう思っています。

010
ちなみにおつまみですがこれで約400円でした。素晴らしい!

3軒目 やきとん大王

005

駅を抜け一番街方面へきました。シルクロードと命名されています。

そうです。かつては絹の交易路として栄え・・・ではなく、赤ちょうちんが軒を連ねる飲み屋ロードでした。

011

こんな感じの(この日は平日だったので少し閉まっているお店もありました。)アーケードを抜けると




012

激安居酒屋を発見しました。

場所はこちら↓

ここでは、息も絶え絶えになりながらまたもや焼酎水割りを頼みます。

014
もはや酔ってしまい、メニューが写しきれていませんが280円です。

これで残り金額220円

013

ちなみに、この表情を見ていただけるとわかる通り、既にHPは限りなく0に近い1というような状態です。
これは企画としてはべろべろになっているので、OKだと僕自身は思っているのですが、読者のためと身体を奮い立たせて飲み切りました。

結局、3杯で220円を残し、べろべろになれました。

酒好きの聖地、赤羽

015

というわけで、合計780円でべろべろになることが出来ました!これは私が少しお酒に弱かったから・・・かもしれません。

しかし、赤羽の居酒屋は十分に安いということはご理解いただけたのでないでしょうか。

赤羽・・・そこは独特の雰囲気が漂う街なので、マンネリしてしまったカップルや、独りでしっぽり飲みたい男性にもオススメです。

なお、最近の女性は赤ちょうちんのような昭和の雰囲気が残る居酒屋が好きだという話もよく耳にします。
実際、女性だけで来ているグループも多く見かけました。

オトコたるもの、お値段の高いお店を知っておくことも勿論必要です。
しかし、安くて美味しいお店を知っておくことも必要。
「”高い”から”安い”までを知っている」という幅が女性の好感度をアップさせるのです!

というわけで、是非街へ繰り出して下さい。

あっ、意中の女性と飲みに行くときは【2軒目じゃねぇ!俺ん家だ!】彼女を部屋に呼ぶために、チェックしておきたい10のリストも忘れずにチェックしておいて下さい。

次はあなたの街に!

浜松一郎でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です