shadow
Pocket

ただのOLがAV男優・森林原人氏に聞く、正しい前戯・挿入方法をお読みいただいた方はお久しぶりです。そうでない方は初めまして。世の人々の性に関する悩みに敏感なただのOLすたん子(仮名)です。

今回私は、AVの歴史、そして美熟女モノを始めとする様々なジャンルが生まれた経緯を探るため、美熟女モノの生みの親と言われるAV監督界の巨匠・溜池ゴロー氏にインタビューをしています。

前編では溜池ゴロー氏がAV監督になった経緯や、ビデ倫時代からセルビデオ時代へ移り変わるAV業界の歴史、そして美熟女モノが生まれた背景などをお伺いしました。後編となる本編では、美熟女モノがヒットした1999年以降〜現在までのAV業界、そして溜池ゴロー氏が考えるこれからのAV業界についてお聞きします。

登場人物

%e6%ba%9c%e6%b1%a0%e3%81%95%e3%82%932

溜池ゴロー/1964年生(2016年12月時点で52歳)/明治大学法学部卒
大学時代から自主制作映画にのめり込み、大学卒業後は就職活動をせず、助監督に。その後、30歳の時にAV監督としてデビューし、1300〜1400本の作品を制作。ロリコン至上主義だったAV業界で、美熟女モノを生み出した伝説のAV監督
現在はSODクリエイト社外取締役を務め、熟女系AVメーカー・溜池ゴローなど、自分の会社も立ち上げている。



%e3%81%99%e3%81%9f%e3%82%93%e5%ad%90

すたん子(仮名)/アラサー
都内で働くただのOL。一般人よりもちょっとだけ、世間の人々の性の悩みに敏感。
森林氏へのインタビューをきっかけに、個人的にも性に関して疑問を持つことが増える。
最近は「AVの歴史」に興味津々。

今回は「世の人々の性に関する悩み」というよりは完全に私の個人的な疑問ですが、日頃AVにお世話になっている男性特異なジャンルに興奮する男性は、AVの基礎知識として是非お読みください。

美熟女モノが生み出されて、その後のAV業界はどう変わったの?

dsc_7888

約30数年前に初めて生まれたAV。当時はVHSの時代で、ビデオデッキの普及とともに一般消費者に広がっていったものの、1億総ロリコン時代と言われており、溜池ゴロー氏が撮らされていた企画はほとんど清純派の女子高生モノでした。

また、自主規制機関である日本ビデオ倫理協会(以下:ビデ倫)による厳しい規制や、当時のAV女優たちができることが少なかったことにより(人によって本番NGやフェラチオNGなどが決まっており、アイドル化していた)擬似絡みで擬似ザーメンが多かったビデ倫の作品。

そんなビデ倫を抜け出し、当時まだ少数派だったセルビデオの世界に入り、SODの創業者、高橋がなり氏の元で初めての美熟女モノを撮ったのが溜池ゴロー氏です。

ロリコン至上主義の中で溜池ゴロー氏の美熟女モノが売れたことにより、その後のAV業界がどうなっていったのかをお聞きしました。

%e6%ba%9c%e6%b1%a0%e3%81%95%e3%82%932

1999年に美熟女モノが売れたことで新しいジャンルがどんどん生まれて行って、今までにはない作品がどんどん見られるようになりました。ロリコンにこだわる必要ないんだって。で、その勢いが7、8年くらい続いたかな。

今まで制限があった分、この頃はとにかく出る企画がみんな新しくて面白かったね。監督の名前でAVを買うお客さんも多くて。美熟女モノは溜池ゴローのを買うって人も多かったから、AV監督としては良い時代だったな。」


%e3%81%99%e3%81%9f%e3%82%93%e5%ad%90

「監督の名前で作品を買う人も多かったんですね。
今だとあんまり考えられないですね…。

制限されていたところから割と自由に色々な作品が作れるようになって…その後AV業界はどうなったんでしょうか?」

%e6%ba%9c%e6%b1%a0%e3%81%95%e3%82%932

「とにかくどんどん色んな企画やジャンルが生まれてくるので、今から10年前くらいには、もう飽和状態になっちゃいましたね

すると今度は、売れる女優さんと売れない女優さんの格差がすごくなってきました。」

%e6%ba%9c%e6%b1%a0%e3%81%95%e3%82%932

「企画ありき、監督ありきではなく、女優の名前ありきのAVになってしまって、若いAV女優をアイドルみたいに扱っていたビデ倫時代に戻ってきてしまっています。

ただ、今はAV女優さんの数が多いし、売れる人も売れない人もどんどん移り変わっていくので、女優さんたちも生き残るために、各々のスキルを磨いています。今のAV女優さんって、みんなかなりレベル高いですよ。」

%e3%81%99%e3%81%9f%e3%82%93%e5%ad%90

「確かに、今のAV女優さんたちって、女性から見てもかなり可愛いしスタイル抜群なのに、それだけじゃなくて色々なスキルを持っていますよね。

“女優の名前ありき”のビデ倫時代に戻りつつも、当時と違うことって他にもありますか?」

%e6%ba%9c%e6%b1%a0%e3%81%95%e3%82%932

「あの頃と決定的に違うのは、何よりもインターネットの普及ですね。ぼかしさえかけていれば、素人でも自分で撮った映像を公開できるようになったので、見る側も無料でエロい動画をどんどん見れるようになりました。

アマチュアとプロの差がなくなってきているので、AV業界の人たちは自分がどうやって今後生き残っていくか、考えないといけないでしょうね。」

%e6%ba%9c%e6%b1%a0%e3%81%95%e3%82%932

「特に、AV監督にとっては、これからはプロが負ける時代なので。アマチュアだからって舐めていられないですね。
だって、AV業界のプロたちはいかに売れるかを考えて撮っているけど、アマチュアの人たちはいかにエロいか、いかに自分が興奮するかを考えて撮っているんですもん。」

%e6%ba%9c%e6%b1%a0%e3%81%95%e3%82%932

投稿者の考えるエロと、それを見つけた人の思うエロが一緒だったら、その動画ってその人にとって最高のおかずですよね。

すごくコアなエロ動画なんかも、素人がどんどんアップしていくので、本当に自分が見たいものだけをネットで手軽に見れてしまう…。大変な時代ですよ(笑)。」

%e3%81%99%e3%81%9f%e3%82%93%e5%ad%90

「確かにそうですが…。

AV業界には、インターネットの、素人が撮ったエロ動画をよく思わない方もいるんじゃないですか?」

%e6%ba%9c%e6%b1%a0%e3%81%95%e3%82%932

「そりゃ、いますよ。でも、新しいものを否定していると自分が置いていかれるだけだと思います。

時代の変化によって、世間が求めるエロは変わってくるし、同じことをずーっとやっていても飽きられてしまう。変化に乗れなかったビデ倫は実際に潰れましたし。」

%e6%ba%9c%e6%b1%a0%e3%81%95%e3%82%932

「古い考えをどんどん捨てていかないと、売れるAVは作れない。僕自身、”次は何を捨てようか“って今準備してるところです(笑)。」

美熟女モノの出現により、一時はとても自由にジャンルや企画の幅を増やしていったAV業界。しかしそれも今から10年ほど前には飽和状態になり、今はまた女優の名前ありきのAVになっていると言います。

また、インターネットの普及によりプロもアマチュアも関係ない時代に。AV監督としては、生き残るのがとても厳しい時代になってきました。

「人間と女性と映像が好き。」AV業界で生き残るための、溜池流・売れるAV

dsc_7902

生き残るのが厳しい昨今のAV業界。
また、手軽に動画を作ることができる映像機器が充実したことで、日々生み出される作品の数も膨大なものとなっています。

そんな時代背景の中でも、溜池ゴロー氏が考える売れるAVについてお聞きしました。


%e6%ba%9c%e6%b1%a0%e3%81%95%e3%82%932

「売れるAVね…正直僕にとっても永遠のテーマですよ(笑)。1000本以上撮ってても、売れると思った作品が思ったより売れなかったり、これ売れるの?と思った作品が意外とすごい売れたり、思い通りにはいかないです。

でも、AV女優の子ってダイヤの原石だと思うんです。もちろん女優になるだけあって元から凄いんだけど、その魅力をいかに最大限に引き出してあげるかはAV男優の、そして何よりAV監督の仕事だと思ってます。」

%e3%81%99%e3%81%9f%e3%82%93%e5%ad%90

「具体的に、女優さんの魅力を引き出すってどういうことをするんですか?」

%e6%ba%9c%e6%b1%a0%e3%81%95%e3%82%932

「監督によっては、エロ勝負の人もいるし、企画勝負の人もいる。だけど僕、ぶっちゃけそんなにエロが好きって訳じゃないんですよ。

人間と女性と映像が好きで。だからいかにエロく見せるかっていうより、”いかにこの女の子をよく見せるか“を考えてやってます。
そのためには演出が肝心で。客の心理をすごく考えますね。」

%e6%ba%9c%e6%b1%a0%e3%81%95%e3%82%932

「料理みたいに、まずは温めるところから始めて、どこで炒め始めるのが良いかな、どこで完成したら一番美味しそうに見えるかなって、そんなことを考えて構成をしっかり練ります。

あとは、フェラチオの仕方1つにしても、かなり演出にこだわります。自分で鏡の前でやってみせて、AV女優の子に真似してもらって(笑)。それを丸1日やったこともありました(笑)。」

%e6%ba%9c%e6%b1%a0%e3%81%95%e3%82%932

「その作品、フェラチオまでしかしてないのに、かなり売れましたね。

どう作るかは監督によりますが、でもやっぱり女優さんの魅力を引き出すのは欠かせないと思います。」

女性が好きだから、「その女の子をいかによく見せるか」を考えることが得意だという溜池ゴロー氏。また、演出や構成の綿密さは助監督時代の経験も生かされているのでしょう。

監督によって作り方やこだわり方は様々ですが、やはり売れるAVを作るには各々ロジックを持っているようです。

まとめ〜おまけ

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%812

ビデ倫時代〜セルビデオ時代、そしてDVD時代から昨今のインターネット全盛期まで、時代背景とともにAVの歴史をお聞きしてきました。

今、私たちがインターネットであらゆるジャンルのAVを見ることができ、様々な性癖を知ることができるのは、美熟女モノを生み出した溜池ゴロー氏の存在が大きいと言えるでしょう。ロリコン至上主義のままだったら、あなたは自分の性癖、好みに気づくことができたでしょうか。

そんな偉大な溜池ゴロー氏。最後に、AVの歴史は全く関係ありませんが、個人的に気になっていたことを聞いてみました。


%e3%81%99%e3%81%9f%e3%82%93%e5%ad%90

「ところで、溜池さんが亀頭で選んだ初めての美熟女単体モノの主演女優である、川奈まり子さんって今の奥さんですよね?
AV業界に新しい風を巻き起こしただけでなく、ご自身たちも本当に結ばれるなんて、なんだかロマンチックですね。」

%e6%ba%9c%e6%b1%a0%e3%81%95%e3%82%931

「え…と。実は、川奈まり子と出会った当時、僕には同棲している内縁の妻がいました。でも、川奈まり子と撮影を共にしている内に、どんどん好きになっちゃって。元々会った瞬間から勃起していましたし(笑)

で、川奈まり子とお付き合いを始めて、あんまり家に帰らない日が続いたんですよ。すると当然、内縁の妻も”おかしいな?”って思いますよね。ある日喧嘩になっちゃって、正直に”好きな人がいる“って言ったんですね。」

%e3%81%99%e3%81%9f%e3%82%93%e5%ad%90


「え…それは修羅場の予感…。」

%e6%ba%9c%e6%b1%a0%e3%81%95%e3%82%931

「そしたらもう、内縁の妻がすごいことになっちゃって…。包丁を突きつけられて、殴られ、蹴られ、3日間家に監禁されました(笑)。

その後内縁の妻の友達なんかも来て、とりあえず昼間は仕事に行かせてもらえることになったんですが、夜家に帰って寝てたら、包丁持った内縁の妻が僕のちんちんを切ろうとしていて…もうダメだと思って逃げました(笑)。」

%e3%81%99%e3%81%9f%e3%82%93%e5%ad%90


「(…いや、全然笑い事じゃない…。…全然ロマンチックじゃない…。)」

%e6%ba%9c%e6%b1%a0%e3%81%95%e3%82%931

「友達に部屋を借りてもらって、事務所の人に仕事道具を全部持ってきてもらって、1か月間逃亡生活(笑)。内縁の妻は事務所にも来てましたから。
幸い僕は法学部だったので弁護士の友達がいて、その友達に仲介してもらってもう会うことはなく、慰謝料400万円払って終わりにしました。いやぁ…大変でした(笑)。
AVを撮ることで色んな女優さんとか、関わる人の人生を変えてきましたが、僕自身、AVで自分の人生を大きく変えてしまいましたね。ははっ。」



終わり

「美熟女モノ」が生まれたのは亀頭のおかげ!?ただのOLが溜池ゴロー氏に聞く、AVの過去と未来・前編が気になる方はこちらから。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です